4月から保険料がアップ、今の保険を見直すべき?

生命保険料,予定利率,標準利率

Photo by MARIA

この4月から、生命保険などの保険料が上がる見込みだ。商品や保険会社によって多少の差はあるものの、貯蓄性のある保険商品の中には20%ほど高くなるものもあるという。

今のうちに保険を見直したり、新しく保険に入ったりするほうがいいのだろうか? ファイナンシャルプランナー(FP)で社会保険労務士でもある、フェリーチェプラン代表の田中香津奈さんに聞いた。

なぜ保険料が上がる?

そもそもなぜ、このタイミングで保険料が変わるのだろう。田中さんによれば、「2017年4月に、保険料を決める要素の一つである予定利率が下がる保険会社が多いから」。

保険会社は、契約者から集めた保険料を債権や株式、不動産、貸付金などに投資して運用し、おカネを増やしている。運用でどれくらい利益が上げられるか(利回り)の見込みは「予定利率」と呼ばれ、国債の応募者利回りをベースに決定される「標準利率」を基準に各保険会社が自社の状況に合わせて決めている。

保険料の運用で増えたおカネは保険会社の利益になるが、一部は保険金(責任準備金)にも当てられる。予定利率――つまり運用利益がどれだけ上げられるかという見込みが低くなれば、加入者に支払ってもらう保険料で多めに準備しておかなければいけない。反対に、予定利率が上がると保険料が下がる。つまり、予定利率とは保険料の“割引率”といえる。

解約返戻金も予定利率で変わる

生命保険料,予定利率,標準利率

Photo by MARIA

2017年3月現在の標準利率は1.0%だが、国債を運用して上げられる利益が低くなり(利回りの低下)、4月に過去最低の0.25%に下げられることになった。保険料の運用利回りも下がることが予想されるので、保険会社の多くは、新しく加入してもらうときの保険料を値上げしようと考えたのだ。生命保険や学資保険、個人年金保険といった貯蓄型保険で影響が大きいという。ちなみに17年4月以前に加入した分については、保険料は変わらないので安心してほしい。

こうした流れは保険料だけでなく、「解約返戻金」にも影響するという。

解約返戻金は、貯蓄型保険を途中で解約したときに戻ってくるおカネのこと。予定利率が高かった時代は運用の利回りもよく、払い込んだ金額よりもおカネが増えた。ところが予定利率が下がると運用の利回りが悪化するため、戻ってくるおカネは少なくなる。「円建ての生命保険でおカネを貯める時代は終わったと言えるでしょう」(田中さん)。保険会社にとっても貯蓄型保険はうまみが少なくなるため、取り扱いをやめる保険会社もあるという。保険会社が提案する商品は、掛け捨て型がメインになりそうだ。

予定利率2%超なら解約しない

さて、私たちが実際に払う保険料には、実際どのくらい差が出るのだろう。

日本生命によると、40歳の男性が60歳までの払い込みで保険金額300万円の終身保険に入る場合、3月の予定利率1.15%での月々の保険料は1万1178円。だが、4月からの予定利率0.40%では月々の保険料は1万3653円と20%以上のアップになる。医療保険やがん保険は15%前後、学資保険は6%弱の保険料アップになる。

生命保険料,予定利率,標準利率

Photo by MARIA

同じ保障内容でも保険料だけが高くなるのなら、今のうちに保険を見直すべきだろうか。田中さんは、すでに入っている保険の予定利率が判断基準の一つになるという。もしすでに加入している保険の予定利率が2%以上であるならば、継続したほうがいい。今後はこうした予定利率の保険は期待しづらいため、安易に解約手続きをするのはもったいない。

予定利率が2%を下回る保険であれば、保険料の負担や、自分自身の状況と保障内容を見比べて、合わなくなってきているなら解約や契約し直しを考えてもいいかもしれない。

焦って保険に入らないで

保険料が上がる前に、新しく保険に入ろうと思っている人もいるだろう。実際、駆け込みで加入しようとするお客さんが列をなしているそうだ。でも「保険料の値上げにとらわれて焦って契約する必要はありません」と田中さんは指摘する。自分に合う保険商品を時間をかけて考え、しっかりと選ぶことが大切なのだ。

「どうしても保険料が気になるのなら、変額保険や外貨建て保険なども選択肢の一つです。元本割れのリスクもありますが、予定利率が高いので保険料は円建てのものよりかなり割安です」(田中さん)

保険への加入を検討するなら、これまで以上に信頼できる人に相談することが大切だという。「生命保険を専門としている保険販売員さんから加入するのがお勧めです。5年以上の実務経験を持った人なら安心して相談できると思います」(田中さん)

人生に安心をもたらしてくれる保険。いざというときに困らないよう、自分に合った保険をしっかりと選びたい。

  • この記事をシェア
トップへ戻る