子育てセラピストも活躍する、企業出張マッサージ


「肩や腰のハリはどうですか?」「仕事が忙しくて、ちょっとつらいです」
「最近、子どもが保育園に行くのを嫌がるようになってしまって……」「そういう時期ってありますね」

そんな会話を交わしながら、白衣を着たセラピストが、ちょっとお疲れぎみの会社員たちにマッサージを施す。

オフィスdeリラックス

Photo by MARIA

一見よくあるマッサージ店の光景だが、実はここ、オフィス内の会議室だ。マッサージをしているのは、企業専門の出張リラクセーションサービス「オフィスdeリラックス」のセラピスト。会社への出張マッサージというユニークなサービスの裏側には、女性セラピストが長く仕事を続けられる仕組みが隠されていた。

高いスキルがあっても…

オフィスdeリラックスは、セラピストが契約企業を定期的に訪れ、会議室などで社員にマッサージをするサービス。施術時間は1人当たり15~20分ほどで、料金は交通費などの経費込みで2時間2万円から(施術者1人の場合)。

「以前はたらいていた店で、『会社でマッサージが受けられたらいいのに』というお客様の声を聞いたことが、事業を始めたきっかけです」(オフィスdeリラックスを手掛ける株式会社イーヤスの代表、遠藤基平さん)。福利厚生の一環として社員にPRできるというメリットも喜ばれ、2007年にスタートしてから東京や名古屋、大阪を中心に140社以上で導入されてきた。

Photo by MARIA

遠藤さんは「女性セラピストが長く活躍できる環境を作りたかった」とも語る。

リラクセーション業界では女性セラピストが多く活躍しているが、途中で辞めていくケースが少なくない。お客さんの多くが会社員なので、セラピストの稼ぎどきはどうしても平日の夜や週末となる。独身時代はバリバリ仕事をしていた人でも、妊娠・出産を機に辞めてしまうことが多い。

「高いスキルを持っているのに、家事や育児と両立できずに仕方なく辞めていく女性を何人も見ました。それが本当に残念で……もっと違う形なら、そうした女性も仕事を続けられるのではないかと思っていました」(遠藤さん)

お母さんがはたらきやすい条件

オフィスdeリラックスは、平日昼間の仕事が多いので、小さな子を持つセラピストでもはたらきやすい。また、セラピストが担当企業を持つ仕組みなので、訪問頻度や勤務時間が読みやすい。企業の希望によっては週に一度、1回当たり2時間など短時間だけはたらくことも可能。会社との契約なので急な変更がほとんどないのもメリットだ。

オフィスdeリラックスでは、単に体の疲れを取ることだけでなく、メンタル面のケアにも力を入れている。お客さんと丁寧にコミュニケーションを取ることで悩みを吐き出してもらい、深刻な問題を抱えている場合は企業に報告することもある。

オフィスdeリラックス

Photo by MARIA

そのためセラピストに求められるレベルが高く、応募者は多いが採用できるのは20人に1人もいないという。採用後も、綿密な研修を受けてスキルアップする必要もある。その反面、時給は一律4000円と一般のマッサージ店の3~4倍に上る。

勤務条件だけでなく、女性の多い職場では複雑な人間関係の疲れで辞めてしまう人もいる。オフィスdeリラックスの仕事はほとんど1人で行うので、わずらわしさもない。

こうした条件のよさから女性スタッフが年々増えていき、現在では全スタッフ26人のうち23人が女性、お母さんセラピストも5人在籍するまでになった。

子育ての経験が役立つ

永井奈穗美さん(42)はオフィスdeリラックスのセラピストの一人。8年前にオフィスdeリラックスの仕事を始め、現在は3歳の女の子を育てながらはたらいている。

以前はオフィスdeリラックスだけでなく、別の整体店にも勤めていた。二つの仕事を合わせると、勤務時間は1日10時間で週5~6日になった。さらに週末はアロマセラピーの学校とかなりのハードスケジュールをこなしていたという。

ところが、妊娠後に1年半の産休・育休を経て仕事に復帰した後は、状況が一変した。夫は家事や育児に協力的で実家の助けも借りられたが、子育てと仕事の両立は想像以上に大変だった。「整体店の仕事はスケジュールが不規則になりがちで、保育園のお迎え一つとっても、スケジュールのやりくりに苦労しました」と永井さんは振り返る。

子育ての傍ら、オフィスdeリラックスではたらく永井奈穗美さん

昨年10月に整体店を退職し、現在は自宅でのアロマセラピーやエステで使われるオイルのプロデュースをしながら、オフィスdeリラックスで月に5~6社を担当している。予定が立てやすく、家事や育児との両立もラクになったという。

「お母さんであることが仕事の役に立っている」と永井さんは話す。「子育て中の女性社員を施術することも多いのですが、悩みがよくわかるようになりました。自分にも経験があるので、妊娠中の女性にラクな姿勢などちょっとしたアドバイスもできます」。

コリや疲れだけでなく、様々な悩みを抱える社員をサポートするオフィスdeリラックス。もともと“癒やしの力”をもつ女性のセラピストだからこそ、大きな効果があるのかもしれない。

  • この記事をシェア
トップへ戻る