手荒れ対策のハンドクリームは選び方が肝心

Photo by MARIA

Photo by MARIA

毎日の家事や育児で絶え間なく手を使う女性の中には、手荒れに悩む人も多い。せっせとハンドクリームを塗り込んでも、皮膚科でもらった薬を塗ってもなかなか治らず、「もう一生付き合っていくしかないのかな」とあきらめかけている人もいるかもしれない。

でも実は、誤ったケアをしているケースが意外とある。症状を和らげるためにしていることが、かえって手荒れを悪化させてしまうかもしれない。

食器用洗剤はダメージ大

手荒れの根本的な原因は、「手の洗いすぎ」。それに「食器洗い」も手肌へのダメージが大きい。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

食器用洗剤には油と水とを混ぜ込む「界面活性剤」という成分が入っていて、これが油汚れを落としている。この成分はヒトの体への毒性はほとんどなく、少しなら口に入っても問題ないほど。ただ、食器の油を落とすということは、手の脂分も除去してしまうということでもある。

人の肌は皮膚の表面に極薄の「皮脂膜」という保護膜を作って、外部からの刺激やアレルギー物質が入るのを防いでいる。毎日のように食器用洗剤に触れていると、その皮脂膜がはがされてしまい、手肌が無防備になってしまう。

この状態が長く続くと、さまざまな刺激に肌が負けるようになり、やがて肌組織が炎症を起こして手荒れにつながる。特に食器用洗剤に使われている界面活性剤は油を取り去る力が非常に高く、手荒れを起こしやすい。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

食器用洗剤の界面活性剤を避けるため、石けんを勧める医師も多い。ところが石けんも界面活性剤の一種であり、石けんの脂の除去力もかなり強い。

実際、界面活性剤の手荒れを引き起こす作用について調べた研究では、石けんと食器用洗剤に差はないことがわかっている。

どんな薬よりゴム手袋

手荒れしないようにするいちばんいい対策は、これらの洗剤にとにかく触らないようにすること。水仕事をするときには、ゴム手袋やビニール手袋を使う。菌が繁殖しにくい使い捨てタイプがよりお勧めだ。

手袋で手肌をカバーしてしまえば、どんなに強力な洗剤でも大丈夫。手袋もそれほど高いものではなく、使い捨てタイプでも100枚組で1000円もかからずに買える。これだけで完全に手荒れを防げるし、ほとんどの手荒れを治せてしまう。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

手荒れが治まらず、皮膚科に行く人もいるだろう。その場合、皮膚科ではステロイドという塗り薬が出されることが多い。手の皮膚は他の部分よりも厚いため、かなり強い薬が出されがちだ。

強い薬は即効性が高いので、塗るとすぐにかゆみが治まり、一時的に皮膚の状態がよくなったように見える。けれど同時に強い副作用もあるため、長い間使い続けると皮膚がさらに荒れやすくなり、治るのが遅くなることもある。

どうしてもかゆくて仕方がないというときには使ったほうがいいが、完治させたいなら、こうした薬に頼りすぎないほうがいい。

ハンドクリームより油脂

手荒れ対策として、ハンドクリームが使われることもしばしば。でも手肌をケアするはずのハンドクリームも、選び方を間違えると手荒れを長引かせることに。

特に心配なのは、「尿素」という薬用成分を配合したハンドクリームが広く市販されていること。尿素は皮膚の固くなった角質を柔らかくする成分で、こわばったカサカサ肌や手肌のごわつきを解消する作用がある。手荒れが慢性化すると肌の皮膚が角化してごわごわになるため、手荒れ対策のアイテムによく使われている。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

けれど、この成分で皮膚が柔らかくなるのは、尿素が角質のタンパク質を分解するというメカニズムによるもの。だからひびやあかぎれなどがある部分に使うと、皮膚内部のタンパク質を傷つけて症状を悪化させてしまうことがある。手荒れ対策に使うなら、薬用ハンドクリームは避けたほうがいい。

何も塗らないとカサカサやごわつきがひどいという場合は、皮脂の構成成分とよく似ている「油脂」というオイルがよい。特にお勧めなのは「マカダミアナッツ油」で、自然界の油脂の中では最も手肌になじみやすいと言われている。100mLで1000円ほどと一般的なハンドクリームよりも割高だけれど、どんな高級ハンドクリームよりも効果的に肌を守ってくれる。

寒くて乾燥する冬は、特に手荒れが気になる季節。正しいケアをして、手肌をいたわってほしい。

  • この記事をシェア
トップへ戻る