「卵子凍結」で女性の悩みは解決されるのか

Photo by MARIA

Photo by MARIA

社会に出たばかりの20代前半は仕事に慣れるのに精いっぱい、20代後半はなんとか一人前の仕事ができるようになる時期。そんなときに産休や育休を取るのは気が引けるし、キャリアを失うことになる。仲間に迷惑がかかるからと妊娠に踏み切れなかった同僚を、そして出産とともに会社を辞めていった女性たちの後ろ姿を、私も何度も見届けてきた。

最近、雑誌で「卵子凍結」の話を見掛けた。キャリアを考えるともう少し全力ではたらきたい、でもいつか子どもは欲しい。いつまでも妊娠や出産ができるわけではないから、できるだけ若いうちに卵子だけでも取っておきたい。手に職をもち、家族を支えたい。きっと多くの女性が持つ、切なる願いだ。

卵子凍結は、卵子を体の中から取り出して冷凍保存しておくもの。卵子も老化していくというし、確かに若いうちに保存できたら、年をとってからでも妊娠しやすいのかもしれない。でもそれで本当にすべてうまくいくのだろうか――。

問題を先送りするだけ

「お母さんになりたい人にとっても、産まれてくる子どもにとっても、卵子凍結という手段はとても勧められるものではないんですよ」

そう語るのは国立成育医療センターの産婦人科医、齊藤英和さん。卵子凍結が勧められるのは、治療で卵子に悪影響が出やすいがん患者だけで、そうでなければ妊娠や出産の問題を単に先送りにするものでしかないという。

不妊治療の専門家として多くの患者を診てきた齊藤さんは、20~30代での“妊活”を勧めていて、さまざまな教育活動を行っている。けれど齊藤さんの話を聞いた女性から「私たちを追い詰めるのですか!」と批判されてしまうこともあるという。

それでも齊藤さんがこうした活動を行っているのは、卵子凍結のリスクが世の中に知られていないから。そのリスクには、女性だけでなく男性も関係している。

卵子だけ若くても…

卵子凍結は、卵子を卵巣から取り出す採卵、取り出した卵子の凍結、そして卵子の保存の3つのステップに分けられる。そしてパートナーに出会い子どもを生もうと決めたら、凍結した卵子を解凍して体内に戻し、出産を目指すことになる。

卵子凍結を使う場合、最初にチャレンジするのは自然妊娠。それでうまくいかなければ体外受精が行われる。

卵子凍結は、“若い”うちに卵子を保存しておくもの。けれど妊娠には卵子以外にも身体的なハードルがある。年齢とともに出産にこぎ着ける確率は低くなり、日本産婦人科学会のデータでは25歳では約20%、35歳では約18%、そして45歳では0.3%しかない。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

このパーセンテージは体外受精などの不妊治療を受けた人のもの。けれど齊藤さんはこうしたデータや自身の経験からすると、出産に必要な凍結卵子の数は40代では100個にもなるという。

それにパートナーの問題もある。卵子と同じように、精子も年齢とともに老化していく。老化すると、それだけ遺伝子に傷がつきやすくなる。卵子の遺伝子にダメージがあると妊娠そのものが成立しないが、精子の場合は遺伝子が傷ついていても出産に至る可能性が高い。女性に比べて男性は年齢を重ねても子どもを持ちやすいと言われるけれど、生まれてくる子どもに遺伝的な問題が起こりやすくなるという。

卵子凍結には経済的なリスクもある。卵子を取り出して凍結するまでに数十万~100万円ほど必要で、さらに卵子1個につき年間維持費が約1万円かかる。これだけお金をかけても、天災や事故で卵子が解凍すれば使えなくなってしまい、保存してくれる病院やクリニックが閉鎖する可能性もある。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

凍結した卵子を使って妊娠に臨むときにも治療費がかかる。順調に進んですぐに妊娠できたとしても、40万~80万円は支払わなければならない。最近では助成制度もあるけれど、いずれにせよある程度まとまった金額は必要になる。そのうえ、これだけのお金をかけても100%出産できるとは限らないのだ。

中絶数15万件の意味

リスクを避けるなら、30代前半までに子どもを生むのが理想。でも、20代で一生を伴にするパートナーを見極め、さらにキャリアを築きながら子どもを育てるのは、誰にでもできることではない。

齊藤さんの“妊活は20代から”というメッセージには続きがある。それは「女性が20代、30代で子どもを産み、それから活躍できる社会に変えなくてはいけない」というもの。

今の日本の出生率はとても低く、世界でほぼ最低レベル。けれどその一方で、20~30代の中絶は年間に約15万件も行われている。せっかく妊娠しても出産を選ばないのは、経済的な理由だったり、子育てと仕事が両立しにくかったりするからといわれる。安心して子どもを育てられる環境が整わなければ、妊娠することはできても出産にはつながらない。

本当に必要なのは、たとえ一人であっても安心して子どもを育てられる、妊娠や出産にやさしい社会なのかもしれない。

  • この記事をシェア
トップへ戻る