子育て中でもキャリアを積みたいのに上司に拒絶された

僧侶であり3人のお子さんを育てるお母さんでもある酒井菜法さん。一緒に悩みながら、人生を豊かに歩むヒントを探していきたいと、読者のみなさんからのお悩み相談を受け付けています。今回寄せられたご相談はこちらのお母さんからでした。

お悩み相談

広告会社でPRの仕事をしています。出産後、6カ月で育児休暇を切り上げて元の職場に復帰しました。今は朝早く出社し、保育園のお迎えに間に合う時間に帰っています。

最初は時短勤務をしていたのですが、仕事が増えてきて自宅で作業することも。同じ部の先輩に相談したところ、「フルタイムに戻したらもっと大きい仕事も回せる。大変かもしれないけれど、あなたのためになるし一緒にやっていこう」と言ってくれました。

さっそく直属の上司に伝えたのですが、「深夜まで残ってはたらいているメンバーと同じ給料でいいと思う?」と拒絶されました。上司はあと数年、異動しない見込み。キャリアを積んでいきたいのか、子どもとの時間を大事にしたいのか、上司が嫌いだから悩んでいるのか……。もう訳がわからなくなってきました。
(Iさん 34歳/2歳の子どもの母 会社員)

産後6カ月で職場復帰されるとは、とても仕事熱心であることがうかがえます。現在の仕事にも意欲的に取り組んでいらっしゃるのでしょう。

私も第一子の時に育児休暇を取り、早く仕事に復帰しなければ職場に迷惑をかけ、私の居場所がなくなるのではと焦るばかりで、イライラしていた事を思い出します。

しかしながら、フルタイムで女性がはたらくのは部署によってはとても大変なことです。あなたの場合、深夜まで残業しているメンバーがいる部署なら、必然的にあなたもそういう仕事体制になることでしょう。そのとき、あなたが本当に対応できるかどうかです。

Photo by MARIA

子どもを抱えながら仕事をするということは、子どものいなかった頃の感覚とは残念ながら大きく異なります。つい半年前の自分と比べても、できないことが確実に増えます。そしてそれは子どもが成長するにしたがって、どんどん変わっていくものです。私でも予想がつかなかったことばかりで、現状に折り合いをつけ自分の幸福感を満たすのに時間が掛かりました。

家族に理解と協力を求めて

「もっと大きい仕事を回せる」という先輩の言葉によって、喜びと焦りが生まれたのではないでしょうか。たしかに、大きい仕事を任されることは自分を認めてもらえ、とても光栄なことですね。嬉しいですね。「今引き受けなければ次はないのでは?」と焦ってしまう気持ちもわかります。でも今は、幼い子どもを育てながらはたらくのは本当に大変だということを覚悟して、家族と話し合い、理解と協力をしっかり得てからのほうがよいと思います。

今しっかりとご家族で話し合っておかなければ、喧嘩の原因となり仕事も家庭も憂鬱になってしまいます。女性が仕事と家庭を両立する上では欠かせない事です。

Photo by MARIA

フルタイムに戻したいなら、先輩や上司ではなく、まずは夫と相談を。保育園の送迎や急な休みの日の対応など、家庭内の体制さえ整えばいいのです。実家が近くて親のサポートが望めるなら、それでもいいでしょう。サポートが確約されたうえで、上司に「家族がフォローしてくれるので残業できます」と伝えるべき。単に自分のキャリアを積みたいからといって、今は生半可なことはできないときだと心得ましょう。

今はできる範囲の仕事を

あなたは上司の対応に不満をお持ちのようですが、私には上司の理解が足りないとは思えません。

上司はいろいろな立場ではたらく部下を見てきています。そこから冷静に判断して、「現実的に難しいのでは?」と仰っているのだと思います。深夜残業が多い部署において、あなたがほかのメンバーと同じようにはたらけないということは、肩身の狭い思いで仕事をしていかなければならないということ。もしかしたら、同じ部署のメンバーから心配する声が上がっていることも考えられます。

Photo by MARIA

子どもが2歳ならば、残業できないことは誰もが想像できる。さらに子どもの体調不良で休むこともあるだろうと予測できます。それを考えれば、上司がフルタイムに戻すことを躊躇するのは当然のこと。上司は決して嫌がらせで言っているわけではなく、厳しくも冷静に判断しているのだと思いますよ。

私から見れば、先輩も上司も理解してくれていて、とてもはたらきやすい人間関係の中にいると思います。ただ、今はまだ残業ができないことを前提とした仕事体制の中ではたらくほうが賢明かもしれない、と思うのです。

焦らずゆっくり深呼吸!

フルタイムに戻らなければキャリアが積めないというわけではありません。子どもを育てながらできる範囲で行う仕事の中でも、人によってはキャリアを積めます。そして子どもが成長するに従って、フルタイムで仕事ができるようにもなるでしょう。

Photo by MARIA

また、キャリアか子どもとの時間か、どちらかを選ばなければいけないわけでもありません。今は子どもとの時間も確保でき、ゆっくりとキャリアを積んでいける時期。はやる心を抑えて深呼吸し、「ひと休み、ひと休み」でいいのです。

大丈夫、あと少しすればフルタイムでバリバリはたらけるようになりますよ。今は焦ることなく、子どもとの時間を大切にしながら、あなたなりのキャリアを積み重ねていきましょう。

働く女性みんなを応援しています! 皆さんが幸せでありますように。

合掌。

  • この記事をシェア
トップへ戻る