たまには子どもを預けて爆睡したっていい

Photo by MARIA

「大谷さん、落ち込むことあるんですか?」
「大谷さん、落ち込んだ時はどうしているんですか?」

と、よく質問される。私だって超人じゃない。落ち込むし、悩むし、疲れることだってある。疲れた時は、とにかく熱い風呂に入って寝る。

今だから告白します

子育てしていると睡眠不足になることもある。そこで無理をしないことが大切。睡眠不足になるとやっぱり人間イライラしてくる。そして、子どもは悪魔のように、母親がイライラしている時に限って寝てくれなかったりする。

今だから白状する。そんなとき私は、子どもを託児所に入れて、会社を休んで爆睡した。そして、スッキリして、夕方、子どもを迎えに行った。すると、子どもにも夫にも優しくなれる。

Photo by MARIA

イライラするくらいなら、子どもを預けて思いっきり寝たほうがいい。休みの日は子どもと一緒に過ごさなければならないなんて思わなくてもいい。子どもも睡眠不足でイライラしているお母さんといるよりも、スッキリご機嫌なお母さんといるほうがいいに決まっている。

仕事が休みなのに子どもを預けるなんてダメだと思わないこと。自分の心を取り戻す時間も必要。疲れていたらゆっくり寝ることも大切だし、心を満たすために本を読んだりして自分の心にビタミンをあげることも大切。

おいしいものを食べよう

仕事で嫌なことだって山ほどあるし、夫婦げんかすることもあれば、嫁姑の関係でイラッとすることもあるし、実の親でも言い合いになることだってある。何もなかったら、それはそれで幸せ。でもたいていは、人の数だけ問題が起きたりする。

そんな時にはおいしいものを食べる。これが意外にも効果がある。一人でゆっくり、おいしいものを食べるのもいいけれど、やっぱり気の合った友達と楽しい会話をしながらおいしいものを食べると、もっと元気になれる。

Photo by MARIA

私の友人の女性がこう言った。彼女はシングルマザーで脚本家だ。

「子ども抱えて生活に追われていた時は、とにかく安くて手っ取り早く食べられるものばかり食べていた。そんなある日、気づいたんだよね。『私、トキメイてない』って。自分がトキメイてないのに、人を感動させられる作品なんて書けるはずがない。そう思ってからは、自分がトキメク店を探すようにして、メニューを見たらトキメクものを注文するようにしたの。そしたら人生がトキメクようになったんだよ」

今や彼女は、人気脚本家でベストセラー作家(ちなみに、旺季志ずかさんです)。

私もやっぱり、トキメクお店を予約して大好きな友人とランチするだけで気分転換になる。何よりも楽しい。嫌なことも忘れられる。

Photo by MARIA

睡眠とおいしいものを食べること――。これって簡単そうだけれど「やろう!」と思わないと意外とできない。日々の生活に追われているとそんなことも忘れてしまう。心と体にビタミンだと思って、たまにはぐっすり寝て、おいしいものにチャレンジしょう。

  • この記事をシェア
トップへ戻る