小物でいち早く取り入れる、春らしいおしゃれ

Photo by MARIA

Photo by MARIA

立春も過ぎ、まだ寒いけれどなんとなく春の訪れを感じるようになってきた。季節感のあるファッションは、おしゃれの楽しみの一つ。衣替えの時期が近づくと、次の季節を感じさせるアイテムに手を伸ばしたくなる。

でも「どう取り入れたらいいのかわからない」という声もよく聞く。それに気候の問題もある。冬に春らしさ、夏に秋らしさを出したいと思っても、気温や湿度とのバランスが難しいことも少なくない。

快適さをキープしつつ季節感を出したいなら、小物で取り入れるのがお勧めだ。服のコーディネートが同じでも、季節を感じるものを小物で取り入れるだけで印象がガラッと変わる。

面積の大きくないパンプスから取り入れる

面積の大きくないパンプスから取り入れる

“やりすぎ”が心配なら、まず面積のあまり大きくないものからチャレンジを。春に近づくこの季節なら、きれい色のパンプスはいかがだろう。パステルカラーやビビッドなもの、それにシルバーなどのメタリック系もいい。ぺたんこヒールもいいけれど、チャンキーヒール(太ヒール)なら歩きやすく、今っぽさも満点。足元ならそれほど目立たないので取り入れやすい。

柔らかな色、軽やかな素材

「季節感のある小物」が具体的にイメージしづらい場合は、色と素材に注目してみてほしい。「春らしい色」や「夏っぽい素材」などと考えながら選ぶといいだろう。

まずは色の選び方。これからの季節、春らしさを出したいなら明るく柔らかな色をチョイスして。今年は温かみのあるナチュラルなオーガニックホワイト、モダングリーン(きれいめのオリーブ色)がお勧め。ディープブルーやラピスブルーもトレンドだ。

小物の色は、全体でそろえるとコーディネートに統一感が出る。すべてを合わせるのが難しくても、バッグと靴を近い色味にするだけでまとまって見えるので試してみては。

素材で季節感を先取り

素材で季節感を先取り

色と同じように、素材も季節感を出すのに重要なポイント。これからの時期は、コットンやリネンなどの天然素材、それにパテント(エナメル)など軽やかさやつややかさを感じさせるものがいい。

春に向けて新しく買い足すなら、カゴバッグはいがかだろう。最近はストロー(麦わら)やラタン(藤)などさまざまな素材のものがそろっていて、デザインや色も幅広いから、好みのものが見つけやすい。バケツ型や刺しゅうをあしらったデザインなど、インパクトのあるものならコーディネートのポイントにもなる。シンプルなデザインのものは、スカーフを持ち手に付けてアレンジすると今年らしさが出せる。

プチプラアイテムを選ぶコツ

小物にこだわりたいけれど、いわゆるプチプラブランドでそろえたいという人も多いだろう。最近はプチプラでもおしゃれなものも多いが、選ぶときには注意が必要だ。

まず気を付けて見てほしいのは、縫製。ここがしっかりしていると、実際のお値段以上に見えるので押さえておきたい。細かいところまで丁寧に縫われているか、ほつれがないかどうか、買う前にしっかり確認してほしい。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

素材はペラペラしているものより、ある程度、厚みがあってしっかりしているもののほうがいい。カッチリしたデザインのものだと、失敗が少なく、値段も感じさせにくい。

洋服のコーディネートには、アイテム自体の色味だけでなく、金具の色も意識すると一段上のおしゃれができる。バッグの金具やボタンは服のボタンの金具やベルトのバックルなどに合わせ、ゴールドかシルバー、どちらかに統一すると全体がまとまって見える。ゴールドならリッチ感が出るし、シルバーはカジュアルなコーディネートに合わせやすい。服のテイストに合わせてどちらかの色に統一すると、洗練された雰囲気になる。

洋服を買い替えなくても、小物だけでも季節感のあるおしゃれはできる。自分のファッションにうまく取り入れて、いろいろなおしゃれを楽しんでほしい。

  • この記事をシェア
トップへ戻る