フォーマルシーンで差をつけるには?

069127_06_022

子どもが大きくなってくると、七五三に入学や卒業の行事などフォーマルなイベントに出かける機会が増えてくる。保護者会や授業参観、先生との面談といった“ややフォーマル”で出掛けたいイベントもあるだろう。

フォーマルなシーンでのお母さんたちの服装は、ワンパターンになりがち。入園・入学式なら白やベージュ、卒業・卒園式なら紺のセットスーツ。ノーカラージャケットにセットになったスカートかワンピースを合わせて、コサージュとパールのアクセサリー……。

ジャケットとスカートは別で買う

もちろん、その「きちんと」コーデも大切。私立幼稚園の親子面接、義理の両親との七五三……明らかに「きちんと」していたほうがいいシーンはある。

とはいえ、周りのお母さんたちの雰囲気がわかってきて、少し自分の色を出したいという場合なら、あえてセットスーツを買わなくてもいいかもしれない。というのも、セットスーツを着ると、いくらアクセサリーや小物で遊んでも、セットのイメージは変わりにくいから。それに、上下合わせて着ることが前提なので、丈やウエストの絞り加減がほかのアイテムと合わせづらいことも。

セットでなく単体として完成作られたアイテムは、形がきれいで、カジュアルにも着回しやすい。形さえきちんとしていれば、色や素材で遊んでも全体の印象はフォーマルになる。まずは、ジャケットとボトムを別々で買うことから始めてみて。

いつも

黒のジャケットは失敗がない

ジャケットでお勧めなのは黒やネイビーで、形はテーラードやノーカラー。誰にでも似合うから失敗がない。デニムやカーゴパンツにも合わせやすく、普段のちょっとしたお出かけにも使える。

ジャケットが決まれば、ボトムは自分らしいおしゃれができるものを選んで。形さえ守ればあとは自由に楽しんでも意外に大丈夫。

スカートなら、Aラインは誰でも着こなしやすい。フォルムが上品だから、色や柄が個性的でもきちんと感がキープできる。たとえば黒いジャケットに白いとろみトップス、ロイヤルブルーのスカート。色が鮮やかだから垢抜けて見える。鮮やかな色をスカートに使うときは、小物をグレーなどあいまいな色にするときつく見えない。

ペンシルスカートを合わせるなら、ポリウレタンなどが入った、ややしっかり目の素材を選んで。丈はひざ下がお勧め。フォーマルだからというのはもちろん、ひざ下ならどこからどこまでが脚かわからないので、ヒールで脚をもっと長く見せられる。

バッグで差し色

形はフォーマル、色は鮮やかなバッグをアクセントに

パンツスタイルが自分らしいと感じるなら、黒いジャケットにとろみ感のある白のブラウスとパンツなんてコーデも。鮮やかな色のバッグを差し色にすると、モノトーンのコーデでも寂しくならない。形がフォーマル(=ジャケットや靴)なら、色や素材(=ピンク色のバッグやとろみ感のある素材)で遊んでも、十分きちんと感は出る。

そしてベーシックな色もいいけれど、カラーパンツならぐんと垢抜ける。パステルカラーなら合わせやすいから、試してみては。ネイビーのジャケットにボーダーのトップス、それにパステルカラーのパンツを合わせれば、ハズし感が出て、クラスの中でも目立つ存在になれるはず。

パステルカラーであかぬける

パステルカラーのパンツで垢抜ける

もうセットアップのスーツを買ってしまった……という場合でもあきらめないで。セットのままだと自分らしさを出すのは難しいから、ジャケットを持って買い物へ。ジャケットと一緒に試着してきれいに見えるボトムを見つければ、手持ちのアイテムを生かしながらおしゃれが楽しめる。

ママ友とのランチには?

子どもの学校で親しくなったママ友との初めてのランチ会。きちんと感はほしいけれど、ジャケットを着るのも堅苦しい。こんなシーンは実はフォーマルな場よりもコーデが難しい。

「とろみトップス」は絶対に使える 

「とろみトップス」は絶対に使える

こういうときに私がお勧めするのは、トップスに“とろみ素材”を持ってくること。とろみのある素材だと、色や柄物であっても、素材が大人っぽいので女性らしく、“やりすぎ感”も抑えられる。

とろみトップスは、スカートにもパンツにももちろん合うし、普段着として着るならデニムに合わせるとこなれ感が出せる。「ZARA」や「THE SUIT COMPANY」などで簡単に手に入るからぜひお気に入りのデザインを見つけて。家で洗濯しやすい、ポリエステルやレーヨンといった素材を選ぶと結果的に着る回数も増えそう。

女性

とろみコーデで女性らしく

そしてどんなコーデをするときでも、アクセサリーをつけると顔周りに華やかさが出せる。ダイヤやパールのきれいめなアクセサリーなら、きちんと感を邪魔しない。小さなものでも、つけただけでおしゃれさは格段にアップする。

どんなシーンでも、どんな人と会うときでも、「おしゃれであること」は武器になる。特に、“女の世界”では、おしゃれな人ほど生きやすくなると思う。人と差をつけるのが難しいシーンこそ、自分らしいおしゃれな着こなしで一目置かれる存在を目指して。

※写真の出典は、上から1,3,4,5,6枚目が『毎朝、服に迷わない』、2枚目が『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』(いずれもダイヤモンド社、著者は筆者)

  • この記事をシェア
トップへ戻る