ぺたんこ靴から組み立てるおしゃれ

ぺたんこ靴でもおしゃれをあきらめないで

ぺたんこ靴でもおしゃれをあきらめないで

ヒールのある靴を履くと、気持ちがしゃんとする。でも妊娠してお腹が大きかったり小さな子どもがいたりすると、なかなかハイヒールを履く機会はない。

ハイヒールはすてきだけれど、ヒールがなくてもおしゃれは楽しめる。ポイントは、「足元からコーディネートを考える」ということ。靴を決めてから、自分なりのおしゃれを組み立てるとうまくいく。

どんな靴をそろえる?

ヒールのないぺたんこ靴でも、すてきな靴はたくさんある。

ヒールのないパンプスを選ぶときには、つま先のとがったポインテッドがお勧め。つま先が丸いと子どもっぽくなりがちだけど、シャープだと女性らしくエレガントな雰囲気に。甲が浅いデザインを選ぶと、脚も長く見える。

ゴールドは派手すぎず抜け感が出る

シルバーやゴールドのぺたんこ靴は、派手すぎず抜け感が出る

コーデをぴりっと引き締めてくれるのは、先端にシルバー、ゴールドのモチーフがあるデザイン。履いた途端に生活感が抜けて、いつものスカートもエレガントな印象に。

意外や意外、赤のパンプスも使いやすい。足元に赤があるだけでぐっとオシャレに見えるから、デニムと白いTシャツに合わせるだけでもコーデが決まる。バレエ用品で有名なレペットの赤いバレエシューズなんて、持っているだけでなんだかテンションも上がる。

花柄は、実は使いやすい

実は使いやすい花柄のパンプス

避けがちかもしれないけれど、花柄のパンプスはとても使いやすい。たくさん色が使われているから、どんな色の服にも合う。今度見つけたら、ぜひ試着してみては。

パンプスを履くときにはソックスの選び方に気をつけて。パンプスは「形が命」なので、裸足の上に履いているように見えるときれい。お勧めは黒のシンプルなタイプで、パンプスを履いたときに履き口からほとんど出ないくらいのもの。レースのついたタイプもあるけれど、チラッと見えるだけでレースが目立ち合わせづらさがあるので注意が必要。

ストッキングを合わせるなら、ナチュラルで素肌っぽいものを。ツヤのあるタイプより、マットなほうが自然でおしゃれ。柄やラメ入りのデザインよりもプレーンなもののほうがよさそう。

スタイリストにも人気の「おじ靴」

スタイリストにも人気の「おじ靴」

秋以降に活躍しそうなのが「おじ靴」。男性が履くような革の紐靴のデザインで、スタイリストたちは毎日のように履いているアイテム。黒のエナメルなら何にでも合わせやすい。コーディネートがフェミニンになりすぎ? というときも、おじ靴を履くだけでバランスがよくなるはず。

合わせるソックスはくるぶし丈がおしゃれ。足首が見えるので、ボリュームのあるおじ靴でも抜け感が出せる。コーデを引き締めたいなら黒を、なじませたいならグレーをチョイス。カラーを使いたいときは、ボルドーやモスグリーンなどの落ち着いた色が合わせやすい。

ルタロンというブランドのおじ靴は履き心地が計算されていて、長く歩く日にも使える。雨の日でも、よほどの豪雨でなければ、レインシューズの代わりにエナメルのおじ靴でも大丈夫。

そして、お母さんたちの必須アイテムともいえるスニーカー。もしまだ白いスニーカーを持っていなければぜひ手に入れてみては。

コンバースのスニーカー

コンバースのハイカットのスニーカーはお勧め

デニムやパーカーなどカジュアルなコーデに合わせれば全体に統一感が出るし、ペンシルスカートやフレアスカートのようなきれいめアイテムと合わせても、「ハズし」として一気にあか抜けさせてくれる。

真っ白なコンバースは誰にでも似合ってとても使い勝手がいい。ハイカットとローカットがあるけれど、私のお勧めはハイカット。ハイカットならインソールが入れられて、膝下を長く見せられる。背の高い人なら2センチ、低ければ3.5センチくらいまでが自然に見える。

トップスはコンパクトに

お気に入りの靴がそろったら、足元をコーデの中心にしてみて。まずは今日一日の予定を頭に思い浮かべて、足元を決める。あとはそれに合った服装を組み立てるだけ。

一つだけポイントがあるとすれば、ヒールのない靴に合わせるときは、トップスはコンパクトにするともっさりしない。全体の重心を上に引き上げるために、帽子をかぶるのもお勧め。

たとえば子どもと砂場に行くなら、白のコンバース。動きやすいようにワークパンツとTシャツを選んだら、それだけでは寂しいから、カーディガンを腰に巻いて、胸元にはサングラス。

おじ靴

おじ靴でこんな上級者コーデも

ママ友とのランチにシルバーのおじ靴をメインにすると決めたなら、全身を同じ色合いで統一するという、やや上級者向けのコーデもすてき。全身をグレーや白などの薄い色合いにするなら、小物に濃い色を入れるとコーデが引き締まる。

ぺたんこ靴だからこそ楽しめるおしゃれはたくさんある。

※写真の出典は、上から1,2,3,4,6枚目が『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』、5枚目が『毎朝、服に迷わない』(いずれもダイヤモンド社、著者は筆者)

  • この記事をシェア
トップへ戻る