体をクールダウンさせる食材を

Photo by MARIA

Photo by MARIA

暑さが体にこたえる季節。「夏バテしないように、ちゃんと食べなければ!」と思いがちだけれど、実はそうではないらしい。自分自身が自然の一部と考える漢方養生学では、季節に応じた過ごし方を勧めている。漢方養生学の専門家、小野満幹彦さんに指南していただきながら、高温多湿な日本の夏を乗り切る方法を考えてみたい。

こもりがちな熱を冷まそう

寒い季節と違い、外気温の高い夏は基礎代謝量(体温を保つために必要なエネルギー量)が少なくて済む。そのため「夏バテするから」と頑張って食べていると、体内でエネルギーが余り、余計に熱を上げてしまう。

夏の養生のポイントは、とにかく、体内にこもりがちな熱を冷ますこと。食生活では、体をクールダウンさせる食材を選んでほしい。おすすめは、キュウリやゴーヤなど熱を冷まし、解毒作用のあるもの。トウモロコシも夏を乗り切るには欠かせない。昔の人は、干したトウモロコシのヒゲを煎じて飲む知恵を持っていた。

小野満さんが昔、暑い季節に山里の知人を訪ねたときのこと。もてなしを受けて出てきた食事はトマトとキュウリ、漬物、ごはん、みそ汁。少し簡素な気がしたが、後から思えば夜は寝苦しくないし朝も早く起きられ、とても理にかなった食事だった。もし「よく来たね」とごちそうをいただいていたら、旅の疲労は増すばかりだっただろう。

夏はどんどん元気になる季節

漢方養生学では、夏を「成長の季節」ととらえている。太陽のエネルギーを受けて、どんどん元気になっていく季節なのに、体がだるいのだとしたらどこかバランスが崩れているのかもしれない。

特に注意したいのは、汗を大量にかいて、血液がどろどろになってしまうこと。そうならないためには水分補給が大切だけれど、冷たい飲み物をがぶ飲みするのはよくない。必要としている以上の水分を取りすぎて、結果として湿をため込み、胃腸の働きを弱めてしまう。

また夏は体内で熱を上げる必要がないため、それほど体は疲労していないのだという。だから「遅寝早起き」で睡眠時間が少ない状態でも、実は体力は持つのだとか。夜や朝の時間を有効に使って、はつらつと活動するよう心掛けたい。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

ただし、冷房の効いた部屋では体温が下がるため、熱を上げるためのカロリーが必要になる。屋外の暑さで汗をかき、毛穴が開いた状態でクーラーの効いた部屋に入ると、体感的にはかなり寒く感じるので気をつけてほしい。

寒い環境に長くいると疲れが取れなくなってしまう。クーラーを避けられないなら、カーディガンを羽織るなどして、できるだけ体を冷やさないこと。そして、できるだけ体を温める飲食物を取るようにしたい。

水筒にショウガ入りのドリンクや温かいほうじ茶を入れて携帯する。冷ややっこやそうめん、刺し身などを食べるときには、ネギやショウガといった薬味と一緒に食べる。そうやって意識していれば冷えが取れて、胃腸の働きもよくなる。

食べすぎなくていい

 食事の取り方にも、気をつけたい。多くの人は、食事で取るエネルギーや栄養を、“一日単位”で考えている。たとえば、朝食や昼食はどちらかというと軽め、家族そろって食べる夕食はしっかり、といった具合。でも、漢方養生学では、朝と昼はしっかり食べて夜は控えめにするという、逆のパターンを勧めている。

理由は、自律神経のはたらきにある。

自律神経には、体を活動的な状態にする「交感神経」と、リラックスした状態にする「副交感神経」の二つがある。朝起きたら交感神経が優位になって活動期に入り、日中の12時から15時でピークを迎える。その後は副交感神経が優位になって、夜にかけてだんだんと眠る準備に入る。

交感神経が優位になる朝や昼に、エネルギー源となる脂肪や炭水化物、タンパク質などの栄養を取り、眠る準備に入っていく夜は食事の量を控えめにするといい。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

遅い時間帯の夕食で、肉や油っこいものを食べれば、体内で消化するのに時間がかかってしまう。するとどうしても、眠りは浅くなってしまう。熟睡できないまま朝を迎えると、日中も十分に交感神経がはたらかなくなり、気持ちも体調も“低空飛行”の状態になってしまうのだそう。

たとえば、外に出づらくて子どもと一日家で過ごした日。なんとなく疲れた気分になってはいても、体をあまり動かしていないので、消費エネルギーは少ない。そんな日は、夜の食事で摂るエネルギーは少なめでいい。「健康を維持するためには食べなければ」とがんじがらめになっていると、気づかないうちに食べすぎてしまうこともある。

漢方と養生の知恵を借りて、まずは食生活を見直してみることで、夏バテしにくい体に一歩近づくはずだ。

  • この記事をシェア
トップへ戻る