30代から始める、卵巣のアンチエイジング

Photo by MARIA

「実年齢より若く見られたい」「いつまでもキレイでいたい」というのは、いつの時代も女性たちの切なる願い。アンチエイジングの基礎化粧品や、チアシードやキヌアなど流行りのスーパーフードに手を出してみるけれど、はたしてその効果は?

これまで必死になって外側から取り込もうと頑張ってきたけれど、いつまでも若くいるための秘訣は、実は「内側」にある。そのカギとなるのが私たちの体から分泌される「女性ホルモン」。

女性ホルモンは、妊娠や出産をするためのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、二つのホルモンのこと。

肌の活性化や体のむくみから、骨粗鬆症や生理前のイライラ(PMS)まで、女性の体にさまざまな形でかかわっている。そして、卵子をつくっている「卵巣」が、女性ホルモンを分泌するという大切なはたらきを担っている。

しかし「40代になると女性ホルモンは崖から転がり落ちるように減ってしまいます」と、健康科学者の本田由佳さんから衝撃的な言葉が。

「人生の晩年もキラキラと健康でいたいのであれば、少しでもこの減少のスピードを遅らせて、ピークを長くすることが重要。20代までは何もしなくても自分の体の持っている“素”のものだけで大丈夫だったかもしれませんが、20代を過ぎると今までの貯金ではどうにもならなくなってくるんです」

卵巣の老化には気づきにくい

今の人は昔の人に比べて月経の回数が増え、その分、卵巣も老化しているという。産婦人科医の桜井明弘さん(産婦人科クリニックさくら院長)によると「いちばんの原因は、女性が産む子どもの数が減ったこと。

妊娠、授乳中は月経が止まるので、子だくさんだった時代は人生の中で月経回数が極端に少ない人もいた」そう。

しかも、卵巣の老化には、自分ではなかなか気づけない。

「女性ホルモンが急に減る閉経前後は更年期障害として現れますが、それまでの間、卵巣はゆっくりと悪くなります。胃腸のように『2、3年前は焼き肉をたくさん食べられていたのに、最近は食べられなくなったな』というようなわかりやすい変化がないのです」(桜井さん)

Photo by MARIA

桜井さん曰く、「卵巣が老化する三つの原因は、『遺伝』『育った環境』『今の生活習慣』」。

卵巣は、遺伝や育った環境、今の生活習慣によって老化する。たとえばがんの遺伝子を持っている人ががんになりやすいのと同じように、卵巣が老化しやすくて20代で閉経する人もいる。

親が喫煙者だったり、清涼飲料水をたくさん飲んで育ったという過去は、卵巣の老化とかかわっているかもしれない。

「とはいえ、もう過ぎてしまったことを恨んでも仕方ありません。まずは『今の生活習慣』を見直すことから始めることが大切です」と桜井さんはアドバイスする。

生活習慣というと、とてつもなく広く感じるが、そんなに難しく考えなくてもいい。卵巣に優しいことは体にとっても優しいことなのだという。

妊娠は余裕があってこそ

「人は自分の生命の危機のときは、生殖機能を真っ先に止めます。自分個人の体を長生きさせるために、栄養が足りなくなったら、生殖機能である卵巣は必要ないからです」と、桜井さん。

妊娠するという、ある意味“究極”のできごとは、体が健康であって自分以外の生命を育てる余裕があるからこそかなう。

「食事や運動、睡眠、喫煙、飲酒……とにかく自分が『悪いな』と思ったことは卵巣にとっても悪いこと。すべての生活習慣を改善するのは大変なので、気づいたこと、できることから変えていくのがよいでしょう」

食事についていえば、バランスよく、きちんと食べることは卵巣を若く保つことにつながる。それは、皮下脂肪からもエストロゲンがつくられるから。無理なダイエットで痩せすぎず、肥満を表す体格指数BMI (体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)) で18.5~24.9(普通体重)の範囲を維持することも併せて考えたい。

未来のためにできること

私たちの今の体は、過去に食べてきたものや今までの運動、生活習慣によってできている。

「女性の場合、胎児のときからすでに卵巣の中に卵子の元になる細胞を数百万個持っている。女の子をお腹に宿したなら、自分の中に“孫”までいることになる。私たちもおばあちゃんのお腹の中にいたわけで、3世代がつながっている」(健康科学者の本田さん)

卵巣を大切にすることは、自分の未来だけでなく、未来につながる生命のためでもある。

Photo by MARIA

生活習慣を変えるといういちばん身近な方法が、卵巣のアンチエイジングへの近道。

「妊娠のためにいいと思うことは、卵巣にとっても、体にとってもいいこと」という桜井さんの言葉のとおり、何から手をつけていいかわからない人は、妊娠するために必要なことから始めてみるのもいいかもしれない。

  • この記事をシェア
トップへ戻る