お母さんでも安心してはたらけるタクシードライバーの仕事

子育て中のお母さんが活躍できる仕事として、国土交通省が女性タクシードライバーを積極的にPRしているのを知った。かつては男性の仕事というイメージが強かったものの、細やかな気配りができる女性ドライバーは重宝される傾向にあり、人手不足解消の面からも積極的に採用されているのだという。はたらく時間を柔軟に選べることが多く、女性専用の洗面所や休憩室など環境整備が進むほか、中には託児所や提携保育園を備えるところもある。

一方で、街中でお客さんを探して乗せる、いわゆる“流し”では、どのような人が乗ってくるか分からないのが不安という人もいる。また、カーナビが搭載されているとはいえ、道に迷わず正確に行けるかどうかは大きなプレッシャーだ。タクシードライバーの仕事は経験に左右されるところがあり、「運転が好き」という気持ちだけでは難しい側面もあるのだと思う。

お客さんは完全予約制

そのような中、所有する車両は10台と小規模ながら、一貫して女性ドライバーがはたらきやすい制度や環境をつくってきたのが、東京・練馬にある「CoCoRo(こころ)タクシー」だ。運送会社を営む吉田守泰さんが2008年、どんな人でも安心して乗ることのできるタクシー会社を作りたい、との思いから立ち上げた。守泰さんは3年前に他界したが、妻の亜紀さんが理念を引き継いで経営を続けている。

Photo by MARIA

守泰さんは当初から、子育てや介護経験のある女性ドライバーに仕事を任せたいと考え、はたらくことへの不安をなくすため、お客さんは完全予約制で取っていた。予約時に乗車する人の名前や性別、年齢を聞くのでお客さんの顔が見えやすいうえ、行き先も分かっているので運転中、道に迷う心配もないからだ。

小学校1年生の子どもを育てる野村桂子さん(47)は、2年前からこの仕事を始めた。出産後は専業主婦だったが、子どもが幼稚園に入ったのを機に仕事を探していたところ、こころタクシーを近所で見かけて興味を持った。

「車の運転が好きだったので、幼稚園の子どもがいてもできる仕事ならやりたいと思いました。道が分かるかどうかがいちばん不安でしたが、完全予約制で事前に行き先を調べられるので、自分もできるかな、って」(野村さん)

こころタクシーの利用は1時間5,400円から(時間貸し料金4,650円+サポート料金750円)。会員登録は無料

こころタクシーでは人柄はもちろん、子育てや介護の経験がある人をなるべく重点的に採用しているという。タクシードライバーとしてはたらくには「普通二種免許」が必要だが、2年間、続けてはたらくことを条件に取得費用はすべて会社が負担している。野村さんも内定後、子育ての合間をぬって教習所に通い、二種免許を取得した。

野村さんは、障害のある子どもを放課後、支援学校から学童保育施設へ送迎する仕事などを担当している。午前中は、通院や買い物で利用するお年寄りのサポートが多い。「障害のある方やお年寄りが、どれほど日々の生活で手助けを必要としているのか、身をもってわかるようになりました。仕事のおかげで視野が広くなったと思います」と話す。

名づけの相談も

小さな子どもを連れたお客さんが安心して乗車できるよう、こころタクシーでは月齢に応じたベビーシートやチャイルドシートを設置し、車内には授乳ケープやおしりふきなども完備している。そのうえで、子育て経験のある女性ドライバーが乗車をサポートし、揺れなどに配慮した丁寧な運転を心がけているのが大きな売りだ。

産後、病院から自宅や里帰り先まで送迎する仕事もあり、野村さんは「まだ赤ちゃんの名前をお決めになっていないご夫婦を乗せたときは、名づけの話で相談されたこともあります。里帰りを終えて自宅へ戻るときや、お宮参りのときなどに再び依頼を受けることもあって、お子さんの成長が本当に楽しみです」と目を細めた。

野村さんはいま、子どもが登校している日中の時間を中心に、パート勤務としてはたらく。タクシー業界は歩合制が多いが、こころタクシーでは安定してはたらき続けられるよう正社員は固定給、パートは時給制になっている。これは守泰さんの強い遺志だったそうで、亜紀さんは「野村さんには子育てが落ち着いたら、正社員になってはたらいてほしいと願っています」と期待を込める。

現在、ドライバー10人のうち3人が女性で、全員が子育て中のお母さん。もし子どもの急な病気などで休まざるを得ないときがあっても、お互いに融通しあえる関係なのだという。

Photo by MARIA

「中には、他県から利用したいという問い合わせもあり、社会から必要とされているサービスだと思います。生前、夫がよく言っていた『女性が安心してはたらける仕事に』という思いを大事に、これからも事業を続けていきたいと思っています」(亜紀さん)

子育てや介護の経験をキャリアと考え、安心・安全な仕事環境を整える。こころタクシーに寄せられるお客さんからの信頼は、ドライバーへの心配りで成り立っているのだ。

  • この記事をシェア
トップへ戻る