一人ひとりの子どもに合ったおもちゃを届ける仕事

Photo by MARIA

『ハレタル』では、子育て中の女性がはたらきやすい会社、子育て中の女性こそが活躍できる仕事のベストプラクティスをよりすぐって取材しています。その会社で人材の募集をしている場合、求人情報を掲載していますが、これは求人広告ではなく編集部による取材記事です。

おもちゃは小さな子どもにとって大切なパートナー。親としては品質の良いものを選びたい。でも子どもが気に入るか分からないし、お金もあまりかけられない。「成長したら使わない」「すぐに飽きる」「物を増やしたくない」という気持ちもある。そんな悩みを一気に解決してくれるのが、月齢に応じた知育玩具のレンタルサービス「トイサブ!」だ。

親子時間を持てる知育玩具

トイサブ!を運営する株式会社トラーナ代表の志田典道さん(32)は3人の子どもを持つお父さん。一人目の子を育てているとき、おもちゃ売り場にキャラクターものや、光って音が鳴る電子的なおもちゃが多いことに違和感を持ったという。

「電子的なおもちゃは忙しいお母さんの味方でもあり、否定するわけではない。ただ、あっという間に成長してしまう子どもとの時間を大事にするには、親子で一緒に遊べるおもちゃが必要だと感じたのです」(志田さん)。“親子時間”を持たせてくれるおもちゃとして、知育玩具に目を付けた。

Photo by MARIA

知育玩具は子どもの発達段階に応じて、デザインや機能が考え抜かれている。特に赤ちゃんの頃は、月齢に合ったおもちゃで遊ぶことで成長を促してくれる。とはいえ知育玩具の多くは値段が高く買いそろえるのは大変だ。

「年間6000トン近いおもちゃが廃棄されている、というデータもあり、環境面から見ても、おもちゃのシェアリング・エコノミーには価値があると思ったのです」(志田さん)。

成長や性格にあったおもちゃ選び

0歳~3歳児を対象としたトイサブ!は、志田さんのこうした思いから2015年11月に生まれた。45日、隔月、半年の3パターンから期間を選んで申し込むと、子どもの発達段階や興味に合ったおもちゃが毎回4~6点ほどと遊び方を解説したシートが届く。料金はレンタル期間によって、月額1480円~4490円かかる。

おもちゃの選定をするのは、子どもを持つお母さんであり、おもちゃインストラクターでもある武山真紀さん(38)さ。1000以上のプラン実績がある武山さんは、たとえば1歳2か月の子どもなら「物を入れる」作業の楽しさが伝わるおもちゃを選ぶのだそう。特に1歳前後は成長のスピードに差がある時期でもあるため、利用者に答えてもらうアンケートを元に興味や性格を想像しながら最適なおもちゃを選んでいる。

届けられるおもちゃの一例。遊び方を解説したシートも付く

「おもちゃは子どもとの大切な時間を共有するツールだと知りました」。利用者から手書きでメッセージが添えられることもたびたびある。「直接お会いしなくても、お子さんの様子がイメージできるようになる」と志田さん。口コミが広がり、2017年4月現在の利用者はおよそ400人にまで増えた。

知育玩具だけではなく、海外から取り寄せた英語の絵本レンタルも好評。今後はトイサブ!を卒業した4歳~6歳児向けに、科学や数学的な学びに重点をおく「STEM(ステム)」教育の教材も届けようと考えている。

スタッフは全員お母さん

サービスを始めた当初は志田さん夫婦が自宅から発送していたがとても追いつかなくなり、仕事場を移してスタッフ6人を迎え入れた。スタッフは幼稚園のママ友などで、朝9時から午後2時の間でおもちゃの点検や清掃、発送を手伝っている。

「子育て中でもはたらきたい気持ちのある優秀な人はたくさんいます。トイサブ!のスタッフは責任感が強く『おもちゃのどの部分に汚れが溜まりやすいか』といった細やかな気づきがある人たちです」(志田さん)。

スタッフの中には、赤ちゃん連れで出勤してくる人もいる。お母さんがはたらいている間、ねんねの赤ちゃんはおぶわれながら、ひとり遊びができる子は目の届く部屋で遊びながら、と子どもたちも思い思いに過ごす。

スタッフとしてはたらく尾関恵さん(右)

「おもちゃが届いたときに子どもたちがワーッと喜ぶ様子を想像するのが、仕事の醍醐味です」と話すのは、スタッフの尾関恵さん(34)。尾関さんは子どもが年長になったとき、幼稚園生活に寄り添って過ごしたいと考え、フルタイムではたらくのをやめた。無理のないはたらき方を探していたところ、幼稚園で知り合った志田さんから声を掛けられたという。

「社長にも直接、意見ができるし、日々、みんなで話し合って仕事のやり方を改善しています」(尾関さん)。会社を皆で作り上げる雰囲気も、やりがいにつながっているという。

「子育て中の女性でなければトイサブ!のサポートはできないというくらい頼っている」と言う志田さん。これからもお母さんスタッフの知恵とアイデアを活用しながら、全国の子どもたちにおもちゃを届けていくつもりだ。

株式会社トラーナではスタッフを募集しています。

◆お客さまサポート・配送担当
・勤務地:中野事務所(東京都中野区松が丘2-10-15 トリニテルージュ204)
・勤務時間:平日8:30 – 15:00 の時間内で柔軟に対応
・時給:1000円
・子連れ出勤可(確認事項がありますので別途お問い合わせください)

◆おもちゃプランナー(個人及び法人のお客さま向け)
・勤務地:自宅勤務可(中野事務所に来られる方は優遇)
・勤務時間:8:30の始業開始までに前日にプランを作成できれば作業時間は問いません
・時給:1000円 (リモートの場合はタイムカードで自己管理していただきます)
・必要資格:保育士、ベビートイインストラクターなど子育て及び知育玩具に関する資格

応募先:toysub@torana.us

  • この記事をシェア
トップへ戻る