「家庭が第一、仕事はその次」を掲げる会社

Photo by MARIA

Photo by MARIA

『ハレタル』では、子育て中の女性がはたらきやすい会社、子育て中の女性こそが活躍できる仕事のベストプラクティスをよりすぐって取材しています。その会社で人材の募集をしている場合、求人情報を掲載していますが、これは求人広告ではなく編集部による取材記事です。

横浜市営地下鉄ブルーライン「仲町台」駅。都心のベッドタウンとして栄えるこの駅のほど近くに、全国のガソリンスタンドからの信頼を集めるマーケティング会社がある。

マーケティングインフォメーションコミュニティ(MIC)は、ガソリンスタンド向けに特化した市場調査を手掛ける会社。実は、全国にあるサービスステーション(ガソリンスタンド)のほとんどが、MICが行う市場調査を基に立地などを精査して建てられているという。

写真はイメージ

現在では、直営のガソリンスタンドをパイロットショップとしてテストマーケティングを行い、仮説を実践的に検証したうえで全国のガソリンスタンドの経営をサポート。2009年からは、中古車を活用する低価格レンタカー「ニコニコレンタカー」の事業を始め、その加盟店は全国1400店以上にも上る。

そんなMICの成長を創業当初から支えてきたのが、女性従業員たちだ。

やむをえない事情から

「都心から離れた小さな会社では、優秀な男性を採用することができませんでした。一方、近隣には、結婚で仕事を辞めた後、自宅のそばではたらきたいと考える優秀な女性が多い。以前から、そういった方を積極的に採用してきたんです」(企画開発チームの高橋真由美リーダー)

最初はやむをえない事情によって女性の採用を進めてきたが、その彼女たちの仕事ぶりには目を見張るものがあった。こうして会社は成長し、事業を拡大してきた。

ところが、だ。事業を広げるにつれて業務量が増え、はたらく人たちの残業が日に日に増えていってしまった。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

産育休の制度は早くから取り入れていたものの、子育てや家事との両立はとてもできそうにない。「そんなにはたらけない」と女性たちが復職せずに辞めていくケースが増えてしまった。

そこで会社は、「家庭・子育てが第一、仕事はその次」の方針を掲げて大転換を図った。

家庭・子育てが第一

その一環として06年に導入したのが「育児期間限定就業制度(CCS=チャイルドケアスキーム)」という制度。これは、子どもが小学校を卒業するまで使えるもの。

制度を利用している従業員は、9~18時の間で6時間以上、8時間以内(30分刻み)の勤務時間を会社との間で決め、決してその規定時間を超えてはたらいてはいけない。違反すると上司に罰則があるというほど徹底している。

さらに、子どもを保育施設に預けている場合、実費の半分を会社が負担してくれる。子ども1人当たり上限7万円で子どもの数に制限はない。勤務時間が減ることで一時的に給与額は減るものの、こうした金銭面でのサポートを受けられるというわけだ。

CCSを利用するのも利用しないのも本人の自由。そして、通常勤務からCCSに、CCSから通常勤務にと、状況に合わせて柔軟に切り替えることもできる。MICではこれまでの5人の社員がこの制度を利用した。

藤原咲恵さん(45)もその一人。12年5月に出産した後、翌年春に復職。以来、現在に至るまでCCSではたらいている。

藤原さんのお仕事は、全国のガソリンスタンドがニコニコレンタカーを導入するにあたってのサポート業務。現在は9~17時ではたらいているが、子どもの成長に合わせて柔軟に調整している。「公私のバランスをうまく取りながらはたらいています」(藤原さん)。

会社全体が変わった

CCSではたらく社員が増えることで、男女問わず会社全体の意識も変わっていった。

仕事を時間内に終わらせなければいけないという意識を社員全員が持つようになって、残業が自然と減った。また、業務も効率よく運ばれるようになり、生産性が上がった。それによってたとえば、女性社員が多いコンサルタント部門では、年間1600万円のコスト削減効果があったという。

男性にも育休を取得する社員が出てきた。全国のガソリンスタンド向けにコンサルティングを行っている渡邊智寛さん(34)は、15年4月から4カ月間の育休を取得、子育て中心の生活を送ったという。

「育休中は子どもと一緒にたくさんの時間を過ごし、子育てがいかに大変であるかを実感しました」と渡邊さん。

Photo by MARIA

Photo by MARIA

これまでは、仕事から帰宅して部屋が片付いていないことに不満を覚えることがあったというが、育休を経験後はそんなこともなくなった。復職して通常勤務に戻った今も、子どもは「パパ大好き」。

「あの4カ月間がなければ子どもとの距離もこんなに近くならなかったはずです」(渡邊さん)

今後は社内に保育所を設置するなど、優秀な女性スタッフがはたらきやすい環境をさらに整えていくという。CCSの制度はパートタイム勤務の従業員にも広げていく。

全国のガソリンスタンドの数は減少の一途だが、そんな中でも新しいビジネスを次々生み出す裏には、こうした女性たちの活躍があった。

◆マーケティングインフォメーションコミュニティの一般事務
・仕事内容:一般事務
・雇用形態:パート
・給与:時給1000~1200円
・勤務地:横浜市都筑区仲町台
・勤務時間:9:00~17:00(土日休み、残業あり)
・問い合わせ先:マーケティングインフォメーションコミュニティの応募フォーム

◆マーケティングインフォメーションコミュニティのDTPデザイナー
・仕事内容:DTPデザイン
・雇用形態:パート
・給与:時給1000~1200円
・勤務地:横浜市都筑区仲町台
・勤務時間:9:00~17:00(1日7時間週3日から応相談)
・問い合わせ先:マーケティングインフォメーションコミュニティの応募フォーム

※掲載内容は取材時点のものであり実際とは内容が異なる場合があります。

  • この記事をシェア
トップへ戻る