いまがチャンス?化粧品業界ではたらくなら

S002_01.jpg

今も昔も、「女性の感性を活かせるあこがれの仕事」として人気のBA(ビューティアドバイザー、美容部員)。女性がキレイになるのをお手伝いするこの仕事に、大きな魅力を感じている人は少なくない。

「今、毎月約200人ずつ登録者が増えています」と話すのは、BAを中心とした派遣サービス「アットコスメスタッフィング」を展開するアイスタイルキャリアの瀬川綾子さん(キャリアアドバイザー担当)。

同社は、化粧品の人気口コミサイト「@cosme」を運営しているアイスタイルのグループ会社だ。

「アットコスメスタッフィング」は、サービスを始めてわずか1年半ながら、登録者が約1000人(16年5月現在)にも上っている。

転職したいという現役BAだけでなく、再就職を目指す元BA、経験はないけれどBAにあこがれる主婦やOLまで、さまざまなバックグラウンドの人が登録に訪れ、毎日予約でいっぱいだという。

お給料よりやりがい!?

BAは、決して”ラクな仕事”ではない。土日出勤や遅番があることはよく知られているが、はたらいている間は基本的に立ちっぱなしなので体力がいるし、お客様の悩みや「なりたい自分」にきちんと寄り添うためにはカウンセリングスキルを磨かなければならない。

初任給はだいたい16~18万円と、自活するには正直言って厳しい。入社3年以内に20%の人が辞めてしまう。結婚や出産を機に辞めてしまうケースが多いという。

それでも、「ほかの仕事もやってみたけれど、BAの楽しさが忘れられない」と、やりがいにひかれて再びこの世界に戻ってくる人はたくさんいる。中には、20年のブランクがあるという人も。60歳を過ぎて現役ではたらくBAもおり、経験した人にしかわからない大きな魅力があるようだ。

ブランク主婦へのおすすめは

実は、BAは今、空前の“売り手市場”。リーマンショックの影響が癒えはじめた13年頃から、「猫の手も借りたい」という化粧品メーカーが増えてきているようだ。

ホンネでは企業も長時間はたらける人が欲しいようだが、ここ1~2年、アイスタイルキャリアには、「短時間でいいから明日から来られる人はいませんか」といった問い合わせがたびたびあるという。

あくまで人材会社などのサポートが前提だが、アイスタイルキャリアの瀬川さんは、「BAとしての経験が1年以上あれば、40~50歳でも十分はたらける」と、ブランク主婦の背中を押す。

できれば家庭を優先しながらはたらきたいと思う人も大丈夫。「土日休みや17時~18時の退社も、売り手市場の今は、かないやすいんです」(瀬川さん)。

ブランク主婦が歓迎されるのは、コスメのセレクトショップ。ショップのスタッフは若手が多い。

経験のあるブランク主婦が、「スタッフさんの経験不足をカバーしてくれたり、人間関係のつなぎ役になってくれたりしているようです」(瀬川さん)。

30代より上の人には、高年齢層向けのスキンケア商品をそろえるブランドがおすすめとのこと。客層に合わせた接客や提案ができる大人の女性をほしがっているからだ。

スキンケア商品は好待遇

最近はやりのオーガニック系のブランドも、落ち着いた人を求めることが多く、年齢が高めのブランク主婦が歓迎される。

アイスタイルキャリアの場合、経験者の派遣時給は1300円以上。企業に直接雇われる場合は1000円程度のことが多いので、給与面にこだわる場合は、派遣のほうが満足のいくかたちではたらけそう。

また、「スキンケアブランドのほうが時給は高い傾向です」と、瀬川さん。

定期的にリピートするスキンケア商品は、メイクアップ商品の倍の市場規模がある。売り上げが安定しているので、給与などの待遇にも差が出てくるようだ。

ドラッグストアなら未経験も

BAの経験がなくても、ほかの業界で販売を経験していれば、道が開かれやすい。

アイスタイルキャリアでいえば、飲食店ではたらいていた20代女性が大手フレグランスブランドの販売職に就いたケースや、携帯電話を販売していた31歳女性が渋谷の百貨店カウンターのBAになったケースがある。

未経験だけれどBAを目指したい、という人におすすめなのが、ドラッグストアや化粧品専門店のBA。大手化粧品メーカーの専門BAに比べると華やかさには欠けるけれど、経験がない人でもしっかり教育してくれるところもある。

ドラッグストアや化粧品専門店はさまざまなメーカーの商品を取り扱っていて幅広い知識を身に付けられるので、勉強家にはもってこい。

なり手が少ないこともあって、子どもの行事に対応してくれたり、1日3時間からはたらけたり、こちらの希望をかなり受け入れてくれるケースもある。

まずはこうしたところで経験を積んでみて、もっとやりたいと思ったら、大手化粧品メーカーの求人にチャレンジしてみるという道もある。

BAは今、とてもニーズのある仕事で、はたらき方の選択肢も広がりつつある。「ブランクがあるから」「子どもがいるから」とあきらめずに、興味があるなら第一歩を踏み出してみては。

  • この記事をシェア
トップへ戻る