シンクをいつでも清潔に保てる「水切りリング」

水切りリング

汚れがたまってしまうと、掃除はどんどん面倒になっていく。面倒だとサボっていると、さらに汚れがたまり、余計に面倒になるという悪循環――。

家の中をキレイにキープするには、汚れをためないうちに小まめに掃除をすることが大事。そうわかってはいても、実践するのは難しい。

特に水回りは、汚れがたまりやすい。けれど日々気持ちよく使うためにも、衛生のためにも、できればいつも清潔にしておきたい。そこでお勧めしたいのが、台所排水口の「水切りリング」(トップ写真の手前左)だ。“初期投資”として3000円ほどかかるけれど、これを使うようになった昨年から、シンクの掃除が劇的にラクになった。

ごみ受けカゴがいらない

使い方は簡単だ。シンプルなステンレスのリングに、よくあるストッキングタイプの水切りネットをかぶせて、排水口に直接セットするだけ。

水切りリング

ストッキングタイプの水切りネットをセットする

よくあるごみ受け用のかごは使わない。以前はかごを使っていたけれど、ぬめりが出やすく、ゴミがすぐにかごの目に詰まる。かごを掃除しようにもなかなかキレイに汚れが落ちないのも嫌だった。水切りリングを使えば、この面倒な掃除から解放されるのだ。

水切りリングは使い心地が抜群。まず驚くのが、水の流れのよさだ。ごみ受けのカゴを使っていた時は、水切りネットも一緒に使っていたので、それだけで水の流れが悪くなっていたのだ。ごみが増えてくると、水がシンクにたまってしまうこともあった。リングとネットだけなら、ごみがたまってきても水が滞ることなくストレスフリーだ。

水切りリング

シンプルな構造で、水がたまる心配もない

ネットが外れてしまうのではないかと心配したけれどそんなことはまったくなく、ごみが排水口の奥へ直接流れてしまうこともない。台所の片づけの最後に、ネットごと外してそのままごみ袋に捨てるだけ。リングは毎日さっと水か食器用洗剤で洗えば、キレイをキープできる。

主婦のアイデアから誕生

水切りリングを排水口にセットしてそのまま使っている人も多いようだけれど、わが家では別メーカーのステンレスのフタをリングの上にかぶせている。排水口に向かってシンクに傾斜がついているので、そのままだと野菜や食器などが落ちてしまうことがあるのだ。排水口の流れがいいので、滞った水にフタが浸って汚れてしまうこともなく、こちらの手入れもとても簡単だ。

水切りリング

ステンレスのフタをかぶせて使っている

この水切りリングは主婦のアイデアから生まれた商品だそう。普段、当たり前のように手にしているものでも、「もっとこうだったら?」と考えながら使うと、新しいアイデアが生まれてくるかもしれない。

「シンプル、簡単、ラク、キレイ」が主婦にとっては何よりうれしいこと。私も日々意識して、工夫しながら暮らしてみたいと思う。

  • この記事をシェア
トップへ戻る