【Instagram募集】人生の最後に食べたいものは?

この記事を読んだみなさんからのInstagram投稿をお待ちしています!

この間、仕事の昼休みに自分で作ったお弁当を食べていたら、斜め前で同じようにお弁当を食べていた同僚のS君にいきなり聞かれた。

「あのさ、この世で最後に何でも食べられるとしたら何が食べたい?」

私の隣でパンをかじっていたIさんが言う。

「品川区の○○にある、ラーメン屋かな。あそこのとんこつラーメン最高なんだよねぇ」

それを聞いたS君が言う。

「俺はね、蒲田の△△の定食屋。あそこの定食、メインのおかずだけじゃなく付け添えもみそ汁もめちゃくちゃおいしいんだよ。ひじきの煮物に、大根のみそ汁……死ぬ前に、あそこの定食が食べたいなぁ」

なるほど、確かにおいしそう。聞いているととんこつラーメンも定食も食べたくなってくる。
P1000206
とはいえ、この世で最後に食べたいものか。何だろう? 私は何が食べたいだろう? 考えた末にぽそっと答えた。「……自分で握ったおにぎりかな」。

「ちょっとさ、そういう哲学的なこと言うのやめてくれる? そういうのいらないんだけど。もっと単純なのでいいんだけど」と笑うS君。「あーでもわかる。ばーちゃんの作るおにぎりなんて最高にうまいもん」とIさん。

私は別に哲学的になったつもりでも、思慕に訴えたかったわけでも何でもなく、ただ頭に浮かんだままに口に出してしまったのだ。でも何だか急に恥ずかしくなってしまって黙り込み、残りのお弁当をひたすら食べ続けたのだった。

いちばん信頼できる味

この世で最後に食べるもの。自分が最後にかんで味わい、自分の体に入れるもの。そう考えたときに、高級レストランのステーキだとか、知る人ぞ知る定食屋のしょうが焼きだとかはもちろん、母の作る空揚げや祖母の焼くサバなどという懐かしい味も浮かばなかった。

外で食べておいしいもの、食べたいものはもちろんたくさんあるけれど、いざどれか一つと言われたら選ぶ理由に困ってしまう。母の空揚げや祖母のサバならいいような気もするが、さりとて「私のために作ってくれる」ということ自体が気になってしまう。おいしさよりも「大変かな」「面倒だよな」「まさかおいしく感じないなんてことないだろうか」と気になってしまって、ちゃんと味わえない気がするのだ。
IMG_2334
自分の手でといだお米で、炊いたご飯で、手塩で握ったおにぎりを食べる。いちばん信頼している、いちばん大好きな自分のおにぎりを「おいしいな」と思いながら食べる。私にはやっぱりそれ以外に浮かばないのだ。何よりご飯が好きだから、最後は大きな大きな大きなおにぎりを握りたい(笑)。

そんなことを、残りのお弁当を食べながら考えていたのだが、それをS君に言ったら「やっぱり哲学的じゃん」なんて言われそうだからやめた。ここは「駅前の洋食屋のしょうゆ味のスペアリブ」なんて言っておいたほうが無難だったのかもしれない。P1000214
ああでも、あと一つあった。

娘が作る、大根と油揚げとじゃがいものみそ汁。これだけは、自分で握ったおにぎりと一緒に食べたい。
私よりもまだ小さな手で、何度も味見をしながら私の味をなぞり、一生懸命作る娘のおみそ汁。

これだけはちゃんと味わって食べられる気がするのだ。

あなたの「人生の最後に食べたいもの」は何ですか?

Instagramから「#ハレタル」と「#人生の最後に食べたいもの」を付けて投稿してください。抽選で5名の方に、クオカード1000円分を進呈します。また投稿してくださった方全員の写真を、ハレタルのWebサイト上で記事として発表いたします。

  • 参加方法:Instagramから「#ハレタル」「#人生の最後に食べたいもの」という2つのハッシュタグを付けて投稿してください(公開アカウントでの投稿のみ対象となります)。必ずこの2つのハッシュタグを付けてくださいね。
  • 応募期間:2017年2月22日(水)~3月31日(金)
  • 発表:2017年4月上旬

※Instagramの登録がない方は、お手持ちのスマートフォンにInstagramのアプリをダウンロードしてから始めてください。

※クオカードに当選された際はInstagramのダイレクトメッセージで「@haretal_jp」のアカウントよりご連絡いたします。ダイレクトメッセージをお送りするため、@haretal_jpのフォローをしてくださいね。

  • この記事をシェア
トップへ戻る