業務用ならコードレス掃除機のイメージがくつがえる

引っ越しを機に掃除機を買おうと考え始めたとき、選択肢から真っ先に外したのが「コードレス掃除機」だった。

昔持っていたコードレス掃除機はとにかく吸い込みが悪く、いつも手の届く場所にあるのに「掃除したい」という意欲を湧かせてくれなかった。以来、コードレスは力不足なものだという認識になり、少し手間がかかっても確かな吸引力のある掃除機を一台持ちたいと思ったのだ。

パワフルでシンプル

そんなあるとき、建築現場やショッピングモールなどで使われている業務用のコードレス掃除機を目にすることがあった。業務用なので作りは頑丈で、構造がとてもシンプル。高いデザイン性や多くの機能はないが、「掃除をする」という一つの用途では十分目的を果たしてくれるのでは……。

実際に使っている現場スタッフからも感想を聞けたことがきっかけとなり、わが家で購入したのが電動工具などを扱うマキタというメーカーのハンディクリーナだ。

階段掃除もラクだ

コードの届きにくい階段も気軽に掃除できる

マキタのハンディクリーナを買ってから、掃除機の使い方が変わった。

コードがついた大きな掃除機は日に何度も出して使うのが億劫だった。コードレス掃除機なら、リビングやダイニングの隅に定位置を作りさえすれば、必要なときに使って戻すという作業があっという間にできる。昔の私は、数日おきの掃除機がけすらたいへんな仕事だと思っていたが、今は毎日何度でも、必要なだけ気軽に掃除機をかけるようになった。

わが家では猫とともに暮らしているのだが、ふわふわ舞って取り除くのがたいへんな毛や、ちょっと大粒で重たい猫用トイレの砂も一気に吸引できる。

シンプルすぎるほどの機能を考えると毛足の長いじゅうたんなどの掃除は大変なのだが、フローリング掃除が中心であれば十分満足の吸引力だ。コードの届きにくい階段にも屋外にある自動車のシートにも気軽に掃除機をかけられるため、とても助かっている。

掃除もそれほど大変ではない

掃除もそれほど大変ではない

本体が小さい分、ためられるゴミの量も少なめだが、ゴミの処理も複雑な作業ではない。ゴミの処理にかかる時間は1回につき1分程度。カプセルにゴミがたまる「カプセル式」ならカプセルをひねって中のゴミを捨て、「紙パック式」なら紙パックを交換するだけだ。

部品を追加して“新製品”

あまりに気に入って、今は紙パック式カプセル式の2台を持つようになった。戸建てのため1階と2階、それぞれに置いている。

紙パック式(手前)とカプセル式(奥)

紙パック式(手前)とカプセル式(奥)

大手メーカーの家電は、新しい機能が加わった新機種が毎年のように出る。マキタも新機種は出すのだが、中には現行品の部品だけを改良するというマイナーチェンジもある。

部品改良なら、すでに本体を持っていれば対応する部品だけを買って、素人でも簡単に交換することができる。私もいくつか交換してみたことがあるのだが、掃除のしやすさはそのままに、ゴミの処理や収納がしやすくなったと実感した。

使いたいときちゃんと動く

コードレス製品を選ぶ時、忘れてはいけないのが充電池、バッテリだ。バッテリの性能はパワーや稼働時間にも大きくかかわってくる。マキタ製はその点も優秀だった。

従来の充電池は使わない間にも自然放電してしまうため、せっかくフル充電しておいても使うときに充電切れになっていることもあった。だがマキタはリチウムイオンバッテリなので自然放電しにくい。しばらく使わない期間があったとしても、いざ使うときはパワフルに動く。

互換性のある電動工具とバッテリ

互換性のある電動工具とバッテリ

ちなみに同じマキタ製で型式さえ合えば、ほかの電動工具などともバッテリが兼用できる。毎日工具を使わないわが家でも、満充電のバッテリを一つ用意しておくことで必要なときにすぐ使うことができるようになった。

また繰り返し使える充電式とはいえ、バッテリは消耗品。わが家のハンディクリーナは五年目。本体の不具合は感じないが、そろそろバッテリ交換も考えている。しかし本体がきちんと動くのであれば、バッテリだけを買い替えればいい。交換するのも簡単だし、バッテリが消耗したからといって本体ごと捨てる必要もなく粗大ゴミも減らせる。

バッテリ

バッテリだけ交換すればゴミも減らせる

当初はコードレスも業務用品も私の選択肢ではなかったが、選び方次第で毎日の家事がこんなにも楽になる。新しい掃除機は、私にそんなことも教えてくれたのだった。

  • この記事をシェア
トップへ戻る