“ふきん問題”を解決してくれた「和太布」

台所に立つ人にとって、“ふきん問題”は深刻だ。

台所仕事を快適にと、こだわればこだわるほど、なかなか「コレだ!」というふきんに巡り合えなかったり、「この使い方が一番!」という方法が見つからなかったりする。

ふきんにはさまざまな使い方がある。食器を拭いたり、作業台を拭いたり、子どもが小さければ手や口を拭くのにも使う。私はまな板の下にも敷くし、鍋つかみの代わりにすることもある。考えてみればほとんどの使い方で、ふきんは食べ物に接する部分に触れる。だからこそ、ふきんを清潔に保ちたい。でもこれが意外と難しい。

ふきん選びの条件

わが家では、「皿拭き」「台拭き」「口(手)拭き」「雑巾」の4通りでふきんを使い分けている。

口拭きはお弁当のときに使うおしぼりタオルを使っていて、汚れてきたらウエス(汚れを拭き取る布)にしてから捨てている。雑巾は汚れてきた手拭きタオルを半分に切って使っており、これもボロボロになったら捨てておしまい。

ところが皿拭きだけは、布がくたびれてきた後は台拭きとして第2の役割を果たしてもらわなければいけない。皿拭きをしているうちは、お皿に残った水分を拭き取るだけなので汚れがつきにくく、そのまま捨ててしまうのはもったいない。だから、破れたり穴が開いたりしても、捨てずに台拭きとしてまだまだはたらいてもらうのだ。

ふきん選びは重要

皿拭きに求める条件はだんだん厳しくなった

こうなると、皿拭きに使う「ふきん選び」が重要になってくる。長く使うのだから、布そのものが強く、菌がつきにくいものでなくてはならない。しかも、最初は皿拭きとして使うのだから、吸水がよくて乾きやすいものがいい。皿拭きに求める条件はどんどん厳しくなっていき、お店でちょっと良さそうなふきんを見つけては試すようになった。

以前使っていたワッフル地のふきんは、吸水性には優れていたが、すぐにビチャビチャになってなかなか乾かないので不合格となった。その後に使った麻のふきんは、吸水性も乾きも抜群だったのだが、使っているうちに黒いカビがポツポツと出てきて、洗っても漂白しても消えてくれなかった。

ついに巡り合った

ほかにもいろいろ試してみたものの、すぐににおいがついたり、シミが消えなかったりしてなかなか「これだ」というふきんに巡り合えない。どこかに乾きが早く、吸水性に優れ、カビが出ない布はないものか。そうやって探しているうちに、こんなふきんがあることを知った。

朝光テープ 「和太布(わたふ)

和太布(わたふ)

和太布(わたふ)

使われているのはガラ紡と呼ばれる日本独自の紡績方法で織られた木綿の布。そういえば以前雑誌で見たことがあったが、その時はこの「和太布」ではなく、食器洗いタワシの代わりに使う「びわこふきん」だった。サイズももっと小さかったが、この「和太布」は34×55センチと食器を拭くにも十分な大きさだ。

調べたところ、使っている人からはその吸水性と速乾性、さらには持ちのよさが絶賛されている。これは試す価値があるかもしれないと、早速購入して使ってみた。そうしたらこれが、素晴らしくよかった。布は厚く、麻よりしっかりとしている。

皿を拭いてもビチャビチャにならない

皿を拭いてもビチャビチャにならない

お皿を拭いてみると、水分をぐんぐん吸い取る。そして何より乾くのが早いから、布がビチャビチャになることなく、お皿を何枚も拭き取れる。拭き終えて少しの間干せば、あっという間に乾いてしまうので、においが残ることもない。使い始めてから2年くらい経つが、なんとカビが一つも出て来ない。いつまでも真っ白で、清潔なのだ。

持ちがいいのも本当で、皿拭きの後は台拭きに使う予定なのになかなかその順番が回ってこない。何度も、何年も使っていると、よく拭く部分(真ん中あたり)が少しほつれて穴が開いたり糸が細くなったりするのだが、それでも吸水性や速乾性が変わらない。

2年使い続けてほつれてはきたけれど・・・

2年使い続けてほつれてはきたけれど…

こうなると、替え時がわからない。私が「問題ない、問題ない」と使い続けていたら、しびれを切らした夫が「新しいの買ってよ」と言ってきた。

これは私にとって驚くべきことだ。普段私が「すごくいいから」と ちょっとお高めのモノを買うと「ふーん(またこんなの買って)」と言葉に出さずとも顔に出す夫が、ときにグチグチと文句を言う夫が、自分から「これ買って」と言い出すなんて。この言葉がきっかけとなり、ほつれた和太布を台拭きにし、皿拭きとして新しい和太布を買うことになった。

布のすみ

布のすみ

まぁ……だからといって、一気に8枚も買ったということは夫には内緒だ。うちの“ふきん問題”が解決したのだから、それくらい大目に見てほしいところである。

  • この記事をシェア
トップへ戻る