秋野菜で、自然のリズムに寄り添う

%e7%a7%8b%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e2%91%a2

日中はまだ暑くても、朝晩はひんやり。夜には虫の声も聞こえ、秋の訪れを感じるようになった。この時期、体が重い、だるいといった、夏の暑さや冷房による疲れが出たり、紫外線を浴びた影響が肌に出たりしてはいないだろうか。また秋は空気が乾燥し、風邪もひきやすくなってくる。

先日、子どもにリクエストされたので、オーブンで焼き芋を焼いた。ほくほくに焼き上がったサツマイモはこっくりと甘く、バターを添えると贅沢な秋のおやつになった。一足早く、“秋”を感じたひとときだった。

旬の野菜は栄養豊富

近頃、スーパーの店頭には多くの野菜が一年中並び、旬がわかりにくくなっている。それでも、野菜には旬がある。旬の時期に収穫されたものは栄養豊富。それも不思議なことに、その時期に体が必要とする栄養がぎゅっと詰まっている。今回は野菜ソムリエとして、これからの季節の体にうれしい、秋が旬の野菜や果物についてご紹介したいと思う。

夏においしくいただいたトマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜は、汗で失われた水分を補い、体の火照りを鎮めてくれた。また、南の暑い地方で採れるパイナップル、マンゴー、スイカ、バナナなどのフルーツは、体を内側からクールダウンさせる働きがある。

これらは暑い時期にはうれしい野菜や果物だが、秋になっても同じ食生活を続けていると、今度は体を冷やしてしまうことになる。これからは、秋が旬の食材にシフトしていきたい。

体を温める食材へ

秋は、根を食べる野菜の季節。ゴボウ、ニンジン、レンコン、カブなどの根菜類は、でんぷんやビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、夏に消耗した体力を回復させ、冬に備えて滋養を蓄えるのにぴったり。これらの食材には、体を温める働きがあり、免疫力アップも期待できる。わが家では、根菜類を素揚げにして、醤油に柚子などを効かせた調味液でマリネにすると、皆よく食べてくれる。果物なら、北の寒い地方で採れるリンゴ、ブドウ、イチジクなどが体を温めるといわれている。

体を温めるはたらきを持つイチジク

体を温めるはたらきを持つイチジク

秋の味覚、サツマイモやジャガイモなどのイモ類に、ビタミンCが豊富だということは、意外と知られていない。ビタミンCは熱に弱い栄養素だが、でんぷんに包まれるように存在するイモ類のビタミンCは、加熱しても壊れにくい。紫外線を浴びて疲れた肌のためにも、風邪予防のためにも、積極的に摂りたい食材だ。

サツマイモは、電子レンジで簡単に火を通すことができるが、時間があれば、焼く、蒸す、皮ごと水からゆでるなどして、ゆっくりと加熱したほうが甘くなる。サツマイモにはでんぷんを糖に変えるアミラーゼという酵素が含まれるが、ゆっくり加熱する間にこのアミラーゼが活性化し、じっくりと糖度が上がるというわけだ。

筆者が手描きした、秋野菜のメモ

筆者が手描きした、秋野菜のメモ

秋はキノコ類もおいしい。滋味深い味わいのキノコ類は食物繊維や「疲労回復ビタミン」とも呼ばれるビタミンB1、「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンB2なども含まれ、カロリーも低く女性にはうれしいことばかりだ。

味が濃くおいしい

旬の時期に収穫されたものは、味も濃くおいしい。また、その野菜に合った時期に育てられたものは、強く健康に育つため、農薬の使用も最小限に抑えることができるという。つまり、旬の食材を選ぶことで、自然と体が必要とする栄養をおいしく取り入れることができ、安全なものを選ぶことにもつながる。

旬の食材を使って温かい夕飯を

旬の食材を使って温かい夕飯を

生産量も多く、お手頃価格で手に入る旬の野菜果物を積極的に取り入れたい。そして、食卓から季節を感じ、楽しみたい。

  • この記事をシェア
トップへ戻る