コップ1杯の甘酒が体をじんわり温める

「甘酒」と聞けば、ひな祭りを思い浮かべるくらいなので、てっきり冬や春先のものだと思っていた。だから、「甘酒」が夏の季語だと聞いて驚いた。

ヨガのインストラクターという職業柄もあり、自分の健康管理には気をつけているつもりだ。と、言いつつも夏の楽しみに少々羽目をを外してしまい、夏の疲れからか、胃腸や肌に不調が出てきた。山や海で紫外線をたっぷり浴び、冷たい飲み物をよく飲んだせいもあるだろう。

というわけで、栄養ドリンク代わりに、最近、甘酒をよく飲んでいる。どうやら甘酒は夏バテにいいらしい。甘酒が夏の季語というのもそういうわけで、江戸時代には、「滋養強壮に効く」と甘酒を売り歩く行商人の姿が、夏の風物詩だったようだ。

血行がよくなる

甘酒にはビタミンB群、葉酸や食物繊維など、代謝を促進させ、疲労回復や健康な皮膚を作るのに必要な栄養素がたっぷりと含まれている。麹から作られた甘酒には、体のエネルギーになるのに必要なブドウ糖が豊富に含まれていて、これが「飲む点滴」と言われるゆえんだろう。

甘酒を飲むと、まずは血行がよくなり体が温まる。これはすぐに実感できることで、冬場には冷え性対策にもいい。今は夏場でも冷房などで体が冷え切ってしまうこともあるので、夏でも温かい甘酒が美味しかったりする。

冷たい物を飲むと最初は体もひんやりとしておいしくても、冷房の効いた室内では後でブルッと寒気を感じてしまうことがある。甘酒だと、冷たくてもこれはあまり感じない。

冷やしても

暑ければ「冷やし甘酒」にも

食物繊維も含まれるので、おなかの調子を整え便秘解消にも効果的。夏バテで食欲もない、というときでも甘酒だけでも飲んでおくと、次第に胃腸の調子もよくなってくる。ただ、栄養価が高い分、カロリーも高いので、ダイエット中という方は飲みすぎにも注意。

しばらく飲み続けていると気づくのだが、肌の調子が違う! キメが細かく、化粧のりもとてもいい。内側から潤っているような感じがする。甘酒を飲んでいる日は、ファンデーションを塗ることを忘れてしまう、なんていうことも。なので私にとっては、ちょっと肌の調子がよくないな、と思うときは美容液を使う代わりに甘酒を飲むことにしている。続けることで美白効果もあるんだとか。夏に紫外線をたくさん浴びて焼けてしまった肌にはとてもうれしい効果。

酒かすで手軽に作る

甘酒には、米麹から作るものと酒かすから作るものの2種類あるのだが、私が作って飲んでいるものは酒かすでつくったもの。もちろん麹で作るのもいいのだが、少々手間と時間がかかってしまうため、酒かすで手軽に取り入れることにしている。酒かすはスーパーなどでも手頃な価格で買うことができる。

スーパーで手に入る

スーパーで手に入る

基本的な酒粕甘酒の作り方は、カップ1杯(200cc)のお水と大さじ2(約40g)の酒かすを鍋に入れて火にかける(最初に少し水に浸しておくと酒かすが溶けやすい)。

へらで酒かすを潰すようにしながら、固まりがなくなるまでよく混ぜる。アルコールが苦手な人はここでしっかりお酒を飛ばしてしまうこと。最後に甜菜糖(砂糖)をスプーン1杯ほど加えて出来上がり。はちみつを加えてもおいしい。

材料は、カップ一杯の水と酒かすだけ

材料は、カップ1杯の水と酒かすだけ

酒かすは少し独特な味がする。この味が私も実は少々苦手。なので、でき上がった甘酒に、牛乳やゆず茶を足して飲んでいる。すりおろしたしょうがを入れるとさらに体が温まる。冷蔵庫で冷やしておけば冷やし甘酒になるが、秋の朝晩に少し冷えが入ってくる頃には、ちょっと温かい甘酒がしみわたる。

麹は無添加のものを

この甘酒を朝コップ1杯くらい飲んでいる。

米麹タイプの甘酒は作るのが少し面倒だが、スーパーなどでは市販のものも売っている。酒かすよりも少々割高にはなるが、水やお湯で割るだけなので試しやすい。選ぶなら、おコメと米麹のみで、砂糖などの甘みを使用していない無添加のものを。米麹で作られた甘酒は、砂糖などを加えなくても十分に甘くておいしい。

酒かすで作ってみたり、時間がある方は麹で挑戦してみるのもいい。手軽に試したい方は市販のものでも。

夏の疲れがたまっている方、肌にダメージを受けてしまった方、秋の冷えを感じている方、昔ながらの甘酒を試したりしてみるのもいいのでは。私は、栄養ドリンクやサプリよりもその効果を感じている。

  • この記事をシェア
トップへ戻る