手ぬぐいの魅力

夏の持ち物として、私のかばんの中にいつも入っているものが手ぬぐい。外出時には必ず持って行く。

持ち物を減らした私が唯一、コレクションしてしまっているものが手ぬぐい。多機能で汎用性があり、さらに今はいろんな柄を楽しむこともできる。

暑い時期は、汗をさっとぬぐうのにとても重宝する。ハンカチではなく手ぬぐいを出すと驚かれることもあるが、「柄がかわいいね!」と褒めてももらえる。「SOU-SOU」の手ぬぐいは、肌さわりもよくってお気に入り。

さて、手ぬぐいの何が私をそんなに魅了したのか?

切りっぱなしだから清潔

まずは、薄手でとてもコンパクトなのでかさばらない。以前、夏場はハンドタオルを持ち歩いていたのだけれど、これよりもずいぶんとスリム。さらには、吸水性がよくて、薄手なのですぐ乾く。

洗濯物が乾きにくい雨の日でも、手ぬぐいはあっという間に乾いてしまう。タオル類を多く使う夏は洗濯物も増えるので、すぐに乾いてすぐに使える、というのはとてもありがたい。手ぬぐいが「切りっぱなし」なのにはわけがある。縫い目がない分、汚れがたまらず清潔なのだ。確かに汗をふいた後も、タオルに比べて嫌な臭いがしないことに気がついた。

そして、丈夫で長持ち。それどころか、使えば使うほど、柔らかく肌ざわりもよくなってくる。

うちの実家には私が幼稚園を卒園したときの記念の手ぬぐいが残っているのだが、使い心地は新しいものよりもよく、染め物なので色落ちも風合いとなっていい味を出している。

保冷剤を入れて首に巻く

そんな多機能な手ぬぐいの使い道はというと、まずは普通にタオルの代わりに。

手ぬぐいはコンパクトだが、広げるとフェースタオルほどの大きさになる。私は温泉に行く時なども手ぬぐい2枚を持って行き、1枚をバスタオルの代わりに使っている。手ぬぐいを使い始めてから、たまりがちなタオル類がぐっと減った。温泉や旅行へ行くときには、かさばる荷物を減らせる。手拭い3「フェースタオルほど」という大きさを利用すれば、首や腰に巻くこともできる。夏の暑い時期は、手ぬぐいの中に保冷剤を入れて首に巻く。冬場にのどを痛めているときは、スカーフのように巻いてのどを温めることもできる。

料理の途中にささっと腰に巻いてしまえば、ギャルソンエプロンにも早変わり! ランチョンマットやなべ敷きがわりにしてもかわいい。

ヨガにもインテリアにも

そもそも、私と手ぬぐいとの出合いはヨガ教室。隣で練習している女性が汗をぬぐっていたのが手ぬぐいだったのだが、その姿が(汗だくなのに)とても可憐に見えたのだ。

ヨガでは、前屈のポーズなどの補助に、ヨガベルトのようにも使える。ヨガに行くときは、ヨガウエアなど荷物が増えてしまいがちだけれど、タオルの代わりに手ぬぐいを使えば本当にかさばらない! 早く乾き清潔という特長は、ヨガをしているときだとさらにうれしい。

手ぬぐいは、インテリアにも使える。

柄がかわいいものは、タペストリーや小窓の目隠しになる。季節ごとに素敵なデザインな手ぬぐいがたくさんあるので、選ぶのも楽しい。わが家では、夏は涼しげな色のもの、秋冬は暖色系のものを洗面所の目隠しとして使っている。付け替えが簡単だし、ちょっとした気分転換にもなるので、季節物の雑貨を集めるより実用性もある。sou-souでは、季節ごとのテーマに沿った手ぬぐいが販売されていて、ついつい欲しくなってしまう。

と、挙げればまだまだ出てくる手ぬぐいの魅力。使い道を自分でいろいろ考えていくのも楽しく、シンプルな布1枚からは、いろんなアイデアが湧いてくる。

浴衣姿にも、タオルよりも手ぬぐいの方がはるかに風情があってすてき。夏の終わりのお祭りに、浴衣に似合う1枚を探してみるのはいかが?

  • この記事をシェア
トップへ戻る