3/29~30「ハレタル」ワークショップ募集開始!

かぞくみらいフェス

2017年3月29日(水)~30日(木)に東京国際フォーラムで開催される「かぞくみらいフェス」。この首都圏最大級のファミリーイベントをハレタルも全力で応援しています。各エリアでさまざまな参加型コンテンツが開催されますが、ハレタルも「みらいのしごと・おかね」エリアで2つのワークショップを開催します。

ハレタルワークショップのご案内

【1】親子記者体験ワークショップ「記事の書き方講座」
【2】商品開発ワークショップ「私たちが本当にほしい手帳とは」

【1】親子記者体験ワークショップ「記事の書き方講座」

2016年10月に開催した「記事の書き方講座」の様子

ハレタルが開催するワークショップの中でもいちばん人気の「記事の書き方講座」。『ハレタル』を運営する東洋経済新報社の現役記者が記事を書くためのイロハをお伝えします。WEBサイト、ブログ、SNSなどネットでの情報発信が日常的になっている今、自分が書いた文章が多くの人に読まれるという機会が増えていませんか。オリジナリティある切り口の見つけ方、情報を引き出すインタビューなど、プロが使っているちょっとしたコツをお教えします。

今回はお子さま(5歳以上)連れでも、お一人様でもご参加いただける内容です。講座を受けた後は、実際にイベントをご取材いただきます。書いていただいた記事は講師による添削ののち『ハレタル』WEBサイトに掲載します。

※お子さまと一緒にご参加の場合、お子さまには「取材」をご担当いただき、お父さま・お母さまには「執筆」をご担当いただきます。

日時 ①3月29日(水)10:30~11:15
②3月30日(木)10:30~11:15
場所 かぞくみらいフェス「しごとおカネエリア」ワークショップスペース
定員 各回20名様

【2】商品開発ワークショップ「私たちが本当にほしい手帳とは」

2016年11月に開催したハレタルサポーター企画会議の様子

2016年11月に開催した「ハレタルサポーター企画会議」では、ハレタルのワークショップについてアイデア出しをしました。今回はそのときの議論の中で挙がった「手帳の開発ワークショップ」を開催します。

自分に合った手帳になかなか巡り会えない、毎年のように手帳ジプシーを繰り返している、もっと上手に手帳を使いたい……。手帳について、サポーター企画会議ではこんな意見が出ました。そこで、人気の「幸せお取り寄せ手帳」や数々の著書で新しい手帳術「手帳セラピー」を提唱する手帳セラピスト・さとうめぐみさんを講師にお迎えし、私たちが本当にほしい手帳について話し合うワークショップを開催することにしました。

毎日持ち歩く手帳は、時間管理のツールであり、「理想の人生」を生きるための「人生の羅針盤」であるというさとうさん。そんなさとうさんの「手帳セラピー」も少しだけ体験してみませんか。

日時 ①3月29日(水)15:15~16:00
②3月30日(木)14:15~15:00
場所 かぞくみらいフェス「しごとおカネエリア」ワークショップスペース
定員 各回20名様

お申し込みにあたって

  • お申し込みが定員を上回った場合は抽選となります。ご参加の可否は3月24日頃メールでお知らせいたします。
  • 当日券のご用意は予定しておりません。
  • ワークショップ中はイベントスタッフが「お子さま見守り隊」としてサポートいたします。予約時にお申し込みください。ただし、保育資格者による託児ではありませんので騒いだり泣き止まない場合はお母さまの元へお連れする場合がございます。
  • お申し込みをキャンセルされる場合は必ずこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。当日までご連絡がないままに参加されなかった場合、今後のハレタルワークショップへのご参加をお断りする場合がございます。
応募受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

イベントの最新情報は「かぞくみらいフェス」のホームページで毎日更新しています。

  • この記事をシェア
トップへ戻る