加藤 さくら
親業インストラクター。心理カウンセラー。NPO法人 D-SHiPS32(障害児の親のサポート)。英会話スクールで営業、クライアントケア、エリアマネジャーを務めた後、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーを取得。2007年に長女出産、10年に二女出産の後、親業訓練協会認定インストラクターになる。二女・真心ちゃんの福山型筋ジストロフィーという難病と向かいながら明るく前を向いて暮らしている姿は、ドキュメンタリー映画『えがおのローソク』として全国各地で自主上映され、多くの人たちに「えがおは宝物」であることを発信し続けている。著書『えがおの宝物~進行する病気の娘が教えてくれた“人生で一番大切なこと”~』(光文社)
わたし
わたし 「助けて」は世界を広げる一言になる

「助けて」は世界を広げる一言になる

はたらく親にとって、夏休みや冬休みといった子どもの長期休暇は、ただでさえ忙しいうえに、さらに大きなタスクが加わる。毎日のお弁当だ。 ...

わたし
わたし 生き方の選択肢が多いのは本当に幸せ?

生き方の選択肢が多いのは本当に幸せ?

7歳になった二女の真心(まこ)は飛行機に乗るのが大好きで、飛行機の音が聞こえれば「乗りたい、乗りたい」と言う。あるとき真心がハンドル...

トップへ戻る