林 伸彦
NPO法人「親子の未来を支える会」代表理事。東京大学で分子生物学・発生学を学んだ後、千葉大学医学部へ編入。産婦人科医になる。生まれる前に治療しうる病気がある一方で、胎児診断(出生前診断)を進めると、結果として中絶が増えるという矛盾にぶつかる。また、障がいや子育て全般への社会的理解・サポートが充実しておらず、妊娠出産を機にやりたいことを諦めてしまう女性が多いことに疑問を抱く。現在、英国の福祉制度・胎児医療を学ぶために、ロンドンで胎児診療科研修中。
ざつがく
ざつがく おなかの赤ちゃんに病気が見つかったとき

おなかの赤ちゃんに病気が見つかったとき

産婦人科医として日々「命」の現場に向き合ううちに、私はあるもどかしい思いを抱えるようになった。それは、おなかの赤ちゃんに病気が見つか...

トップへ戻る